This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

Monthly Archives: 2月 2017

//2月

ランドセルを選ぶ時には、ふたにも注目?

By | 2017-02-28T20:32:38+00:00 2月 28th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , , |

最近のランドセルデザインは、機能に影響が及ぶものも多い 最近は様々なデザインのランドセルが出ています。 ランドセルのふたとなるかぶせの部分にも種類が増え、選ぶ時にどちらが良いか考えてしまう方も多いのではないでしょうか。 今回は、ランドセルのふたである、かぶせの種類を紹介します。 全かぶせ型ランドセル(従来のタイプ) ランドセルと聞くと、多くの人が思い浮かぶ形のタイプです。 オーソドックスなランドセルの形で、種類も一番多くあるタイプです。 全体が縦型になっており、教科書や教材を縦方向に入れて使用します。 半かぶせタイプ 半かぶせ、という名前の指す通り、ふたとなるかぶせがランドセルの途中までしかないタイプです。 一時期流行ったデザインの一つで、現在でも販売されているデザインです。 全かぶせ同様、縦型のランドセルですが、デザインの都合上サイズが微妙に違います。 横型タイプ ワイドタイプ、ワイドランドセルとも呼ばれるタイプです。 文字通り、横型のランドセルで大人のカバンのような形状になっています。 オシャレで珍しいデザインですが、学校によってこのデザインを禁止している所もあるようです。 どうしてもお子さんが横型を希望する場合は、学校側に確認しておく事をおすすめします。

ランドセルの収納は鞄だけじゃない?

By | 2017-02-23T19:09:01+00:00 2月 23rd, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , |

ランドセルを収納で選ぶ時に気を付けるポイント ランドセルを選ぶ時に、収納量で選ぶとどうしても鞄の積載量に目がいってしまいますね。 しかし、ランドセルの収納は鞄部分だけではありません。 鞄の前部分についているポケットや、体操着等をひっかける、側面のナスカン(フック)、肩ベルトに防犯ブザーを付けるフックがあるか等、細かい収納ポイントがたくさんあるのです。 特に前ポケットは細かく作りが違うので、よく見る必要があります。 おすすめなのが、縫製がしっかりしていてファスナーが横まで開くタイプです。 前ポケットは家の鍵や薬、高学年の女の子なら生理用品の収納等、意外と使用する場所でもあります。 側面にマチが付いていてファスナーの開きが大きい物はその分収納量も多いです。 ランドセルを選ぶ時には、前ポケットもよく見て選んでください。 この他、側面に付いているナスカンの数や素材も、メーカーや工房による違いあります。 最近は、防犯ブザーを肩ベルトに付ける為のフックが付いている製品も増えてきました。 細かい収納部分は、製品の機能や便利性を見極めるのによいポイントの一つです。 積載量だけでなく、こうした細かい収納にも目を向けるようにするとよい製品をお得に購入する事が出来ますよ。

ランドセルの特徴を知ろう!~A4フラットファイルタイプ~

By | 2017-02-23T18:34:40+00:00 2月 20th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , |

最近主流のランドセルサイズ 最近は、容量が大きく、様々な教材に対応できるA4フラットファイルサイズのランドセルが増えています。 今回は、多くのメーカーや工房が採用している、A4フラットファイルサイズの特徴を紹介します。 メリットとデメリットを見比べて、どの様なランドセルなのかをしっかり理解しておくと、より良い製品を購入する時のヒントになりますよ。   A4フラットファイルサイズのメリット A4フラットファイルサイズのメリットは、他のサイズよりも積載量が多い点があげられます。 フラットファイルは、その想定サイズよりも一回り大きく作られているものです。 このファイルが入るようにできている為、その分容量が大きいのです。 大きめの教材も難なく入ってしまう為、荷物をひとまとめにする事が出来ます。 また、主流サイズなので、デザインや機能を選ぶ幅が他よりも広い点もメリットの一つです。 A4フラットファイルサイズのデメリット デメリットとして、大きすぎて学校のロッカーに入らない事があります。 そうなると授業中は机の横にかける形になり、邪魔になる事もあるのです。 大きく作られている分、重さがある場合や他のサイズよりも高価な事が多い点も、デメリットとして挙げられるでしょう。 しかし、最近は軽量化や値段にこだわった製品も多いので、あまり気になるようなデメリットではありません。

ランドセルの特徴を知ろう!~A4クリアファイルタイプ~

By | 2017-02-16T19:34:22+00:00 2月 16th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , |

ランドセルのサイズにも、メリットやデメリットが ランドセルには、機能やサイズが複数あり、それぞれメリットとデメリットが存在しています。 良い製品をお得に買うには、こうした知識も必要です。 今回は、ランドセルのサイズの一つ、A4クリアファイルのメリットとデメリットを取り上げます。   A4クリアファイルサイズのメリット A4クリアファイルのメリットとして、荷物の横揺れを防ぐ事が出来る点やロッカーに収納しやすい点があげられます。 A4クリアファイルサイズのランドセルは、教科書のサイズとほぼ同じ幅なので、教科書をぴったり入れられます。 その為、ランドセルの中で荷物が揺れる事も少なくなるのです。 また、実際に見てもらうと分かるのですが、小学校のロッカーはランドセルが入るギリギリの大きさの所がほとんどです。 大きいランドセルだとロッカーに入らない事もありますが、A4クリアファイルサイズならその心配がありません。   A4クリアファイルサイズのデメリット A4クリアファイルサイズは、A4フラットファイルサイズに比べて、積載量が少ない事があげられます。 荷物によっては、無理やり押し込む事になる場合もあるのです。 また、最近はA4フラットファイルサイズが主流になりつつあり、意外と入手しにくいという点もデメリットとして挙げられるでしょう。

ランドセルを収容量って、違いはあるの?

By | 2017-02-16T19:12:04+00:00 2月 13th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , |

ランドセルには積載量の違いがある 多くの工房やメーカーが、ランドセルの特徴として積載量をアピールしています。 実は、ランドセルの積載量には細かい違いがあり、学校での授業や塾での利用によって、適切な積載量のあるランドセルを選ぶ必要があるのです。 ランドセルの積載量を大きく分けると、2つの種類に分ける事が出来ます。   A4クリアファイル収納サイズ 文字通り、A4のクリアファイルがすっぽり入るサイズになっているタイプです。 学校の授業で使用するプリントがA4サイズが多い場合や、塾等の学校外での活動でランドセルを使用しない場合は、このタイプで問題ありません。 ランドセルももう一つのサイズに比べて微妙に小さい為、教科書が中で動く事も少なくなります。   A4フラットサイズ収納タイプ A4サイズのプリントを綴じるファイルが入るようになっているタイプです。 ファイルはA4よりも一回り大きい為、上で紹介したタイプだと無理やりランドセルに詰め込むような形になり、壊れる原因となってしまいます。 学校で使用するプリントをファイルで管理する学校や、塾や習い事にもランドセルを活用する場合、こちらの方が便利です。 価格も高めですが、その分物が多く入るので、こちらのタイプを中心に作成する工房やメーカーが多いです。

ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

By | 2017-02-09T19:52:43+00:00 2月 9th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , |

ランドセルのふたには2種類のロックがある ランドセルの代表的な機能の一つに、ふたを閉めるロックがあります。 この機能は、メーカーや工房が製品の特長的な機能として取り上げている事もある機能です。 ロックには大きく分けて2種類の機能があり、それぞれメリットとデメリットがあります。 基本的な知識は以下の通りです。   ・手動ロック 文字通り、ランドセルのふたを手動で閉じるタイプです。 蓋を閉じる時に一々手でひねってロックをかける必要があります。 ロックをかけ忘れると蓋が開きっ放しになるので、ふとした瞬間に中身が散らばってしまう事もあります。 しかし、故障の心配が少ないという利点もあります。 この他、お子さんが常に蓋に気を付けるようになるので、ランドセルを通して自分の持ち物を管理する習慣を身につける事が出来ます。   ・自動ロック 最近販売されているランドセルのほとんどが採用しているタイプです。 蓋をロックの位置に合わせると自動で閉まるようになっています。 手動の時に起こる閉め忘れが無いので、物が散らばる心配がありません。 とても便利ですが、衝撃で壊れる事があり、ロックが壊れると開かない・閉められない状態になる事があるのです。 同じ自動ロックのランドセルでも、ロックの仕方や丈夫さに細かい違いがありますので、購入の際に良くチェックしておく必要があります。

ランドセルの選び方~背ベルトと背中部分の見方~

By | 2017-02-07T20:57:10+00:00 2月 7th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , |

ランドセルを背負う背中部分も要チェック 背カンや背ベルトを見る時に、一緒にチェックしてほしいのが背ベルトや背中部分のクッションです。 このクッション素材も、ランドセルの背負いやすさに影響を与える部分です。 ランドセルを機能面、特に背負いやすさで選ぶ場合は、しっかりチェックするようにして下さい。 ランドセルのクッションは、背負った時のズレを防ぎ、荷物の重さを分散する効果があります。 クッションを見る時に重要なのは、クッション自体の機能と通気性です。   ・クッション自体の機能 クッションを実際に触ると、弾力やそれによる衝撃の吸収性を確かめる事が出来ます。 安い製品の中には、クッションがほとんど機能しないものもあるので、注意が必要です。 クッション性は素材だけでなくクッションの形状も関係してくるので、こちらも要注意です。   ・通気性 背中部分は常に体が触れている為に、通気性が悪くなります。 汗や体温で蒸れる事もよくありますから、通気性もチェックしましょう。 通気性の良い素材や形状をしているタイプを選ぶといいでしょう。 通気性をアップさせるために、背中カバーを入れているタイプもあります。   ランドセルを背負いやすさで選ぶ時は、こうした体に当たる部分のパーツにも気を配るようにして下さいね。

ランドセルの選び方~背カンのチェック~

By | 2017-02-04T18:19:14+00:00 2月 4th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , |

ランドセルの背負い心地を決める背カン ランドセルを選ぶ際には、ランドセルの作りにも細かく注目していく必要があります。 特に、機能面や背負い心地でランドセルを選ぶ場合、ランドセルにある背カンを注意深く見る必要があるのです。 今回は、背カンに注目した選び方について紹介します。 一見目立たないけど、とても重要なパーツである背カン 背カンとは、ランドセルの上についている、背負いベルトをつなぐパーツです。 この背カンは背負いベルトをつなぐ以外にも、ランドセルを背中にフィットさせる機能があります。 その為、背カンの作りが悪い物や、可動域が狭いタイプの物だと、ランドセルの破損や背負いにくさを生み出してしまうのです。 背カンには大きく分けて3種類のタイプがあります。 一つは背カンが固定されているタイプですが、これはあまりお勧めできません。 固定されている分、背カン自体は丈夫ですが、可動域が狭くお子さんの動きに対応できない事が多いのです。 他の2つは、背カンが左右同時に開くタイプと、別々で動くタイプに分かれます。 同時に動くタイプは背カンの丈夫さに、別々で動くタイプは背負いやすさを重視した作りとなっています。 ランドセルを選ぶ時は、背カンが固定されていない、肩ベルトが動くタイプを選ぶようにして下さい。