This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

Monthly Archives: 6月 2017

人工皮革ランドセルのお手入れ方法~汚れた時~

By | 2017-06-19T11:10:10+00:00 6月 19th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , |

人工皮革ランドセルは汚れにも強い 人工皮革ランドセルは汚れにも強く、落とし方も簡単です。 しかし、乱暴に扱ってしまうと細かい傷や劣化の原因となってしまいます。 汚れてしまった時のお手入れと注意点をおさえて、正しいお手入れをしてあげましょう。 人工皮革ランドセルが汚れてしまった時のお手入れ 人工皮革のランドセルが汚れた時は、固く絞った布等で水拭きして下さい。 大抵の汚れはこれだけで落とす事が出来ます。 どうしても汚れが落ちなかった時は、中性洗剤を薄めた物で拭くと落ちやすくなります。 汚れを落とそうとしてゴシゴシこすってしまうと、細かい傷や刺繍の崩れといった劣化につながってしまいますので、優しく行うようにして下さい。 中性洗剤は洗浄力の強い物を使用すると、色落ち等の劣化につながりますので気を付けましょう。 マジック等の油性の汚れがついてしまった時は、除光液やエタノールで落とす事が出来ます。 しかし、人工皮革の素材によっては使用できない場合もありますので、事前に説明書を確認するようにして下さい。 人工皮革は汚れに強く、天然皮革に比べれば汚れも落としやすいです。 汚れてしまっても慌てずに、適切なお手入れをしてあげましょう。

人工皮革ランドセルのお手入れ方法~水にぬれた時~

By | 2017-06-15T21:36:15+00:00 6月 15th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , |

人工皮革ランドセルは、お手入れがとても簡単 人工皮革のランドセルは、水や汚れにとても強い素材です。 天然皮革の様に、すぐに手入れをしないと劣化するという事はありません。 しかし、お手入れの仕方を知っておけば、いざという時も慌てずに対処できます。 今回は、汗や雨によって人工皮革のランドセルが濡れた時のお手入れ方法の紹介です。 人工皮ランドセルが濡れた時のお手入れ方法 人工皮革のランドセルが濡れた時は、乾いた布で水分を拭き取ってあげるだけで完了です。 元々、水に耐性のある樹脂で出来ているので、少し塗れたくらいならそのまま放置していても問題ありません。 ただ、熱い時期だと背中や背負いベルト部分が汗で濡れる事も多いので、夏場は少し注意してあげて下さい。 この他において入れが必要な場面だと、ゲリラ豪雨や豪雪等でランドセルがずぶぬれになってしまった場合です。 この場合は、乾いた布でふき取ったら中に新聞紙を詰めるとより早く乾かす事が出来ますよ。 天然皮革ではお手入れ後にクリームや油を使いますが、天然皮革にこれらの製品を使うとランドセルの劣化につながってしまうので、絶対に行わないで下さい。 水分や汚れに強い人工皮革も、お手入れの仕方を間違えると劣化が早まってしまいます。 適切なお手入れをするようにして下さいね。

天然皮革ランドセルのお手入れ~普段のお手入れ編~

By | 2017-06-12T08:33:52+00:00 6月 12th, 2017|Categories: 未分類|

天然皮革のランドセルには、定期メンテナンスが必要 天然皮革のランドセルは、定期的なメンテナンスをしておかないと、固く、ひび割れを起こしてしまう事があります。 天然皮革の持ち味である高級感も、定期メンテナンスがあってこそです。 今回は、天然皮革のランドセルに行う、普段のお手入れを紹介します。 週に1回、ブラッシングとクリームでのメンテナンスを 週に1回、最低でも夏休み等の長期休みに入る時に、お手入れをしてあげましょう。 定期メンテナンスには、乾いた布と保革クリーム、必要な場合は革製品用の汚れ落としが必要になります。 最初に乾いた布でランドセルを拭き、汚れやほこりを落とします。 フタだけでなく、背中やベルト部分もしっかり行って下さい。 必要なら、革製品用の汚れ落としで汚れを落とします。 しっかりと汚れを落としたら、保革クリームをランドセル全体に擦り込んでいきます。 保革クリームは量が多いと革がやわらかくなってしまいますので、少しずつ取って擦り込むのがコツです。 最近は天然皮革のランドセルでも、防水加工やツヤ加工をしているタイプもあります。 加工の施しているタイプの場合、このお手入れが出来ない事もありますので、ランドセルについている説明書に従ってお手入れをするようにして下さい。