ランドセルはA4フラットファイル対応サイズを選んだ方がいい理由

ランドセルを選ぶ際には、色、デザイン、重量などチェックすべきポイントが色々あります。特に最近は、A4フラットファイルが無理なく入るサイズかどうかを確認する方がほとんどです。

この記事では、A4フラットファイル対応サイズのランドセルについて、詳しく見ていきましょう。

数年前からランドセルが大型化?

実は数年前から、一部のランドセルメーカーの製品に「大型化」の傾向が出ていました。これは、小学校の教科書や副教材、そして配布プリント類のサイズが大きくなった(主にA4サイズ化)ことに連動してのことだったのでしょう。

その後、ほとんどのランドセルメーカーにおいて、「A4フラットファイル対応」というサイズ表記のタイプが販売されるようになりました。

2016年度に至っては、「全品A4フラットファイル対応」という有名メーカーまで出現。今や、「A4フラットファイル対応」のランドセルが標準サイズになっていると言ってもいいでしょう。

A4フラットファイルとA4クリアファイルの違い

そもそも、「A4フラットファイル」と「A4クリアファイル」の違いってなんでしょうか?以下に比較してみました。

A4フラットファイルとA4クリアファイルの比較

●A4フラットファイル
・ 主に紙製。パンチで2つの穴を開けたプリント類をプラスチックのストッパーで綴じてファイリングする。
・サイズ=縦:約310mm×横:約230mm

●A4クリアファイル
・透明のプラスチック製シートを2枚重ね、4辺の半分がオープン。プリント類を挟んで保存するファイル。
・サイズ=縦:約310mm×横:約220mm

(※市販品の標準サイズ)

ご覧のとおり、横幅が約1cm違うだけ。でも、このわずか1cmの差が、かなり重要なポイントなのです。

実際には、A4クリアファイル対応サイズのランドセルでも、A4フラットファイルが全く入らないわけではありません。でも、大マチ(メイン収納部分)の中で少し斜めに入れないといけなかったり、ファイルの端部分が折れ曲がったりしがち。その分だけ、収納量が犠牲になったり、ファイルが早く傷んでしまうことは明白です。

学校からのお知らせのほか、宿題やテストのプリント類は、ほとんどの学校でA4が標準規格になっています。ということは、A4フラットファイルが楽に入るランドセルを選んであげた方が、お子さんの日々のストレスが減ることにつながるわけです。

高学年になるほど荷物は増える傾向

最近主流のA4フラットファイル対応タイプと従来からのクリアファイル対応タイプでは、ランドセル自体のサイズ(収納部内寸)はどのくらい違うものなのでしょうか。現在の有名メーカーの平均的な数字を見てみましょう。

対応ファイル別のランドセル収納部(内寸)幅の比較

●A4フラットファイル対応= 23~23.5cm
●A4クリアファイル対応=22~22.5cm

やはりフラットファイル対応タイプは、横幅が若干大きくなってしまいますね。小学校に入学したばかりのお子さんは、まだまだ体が小さくて、ランドセルに潰されそうに見えるものです。となるとママとしては、わずかな大きさの差でも気になるかも知れません。

ただ、私も含めて先輩ママの経験上、配布物や副教材などの持ち物は高学年になるほど増えて来るもの。できるだけ多くのものがスンナリとランドセルに収まる方が、結局はお子さんも楽チンかつ安全に過ごせるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  2. ランドセルの選び方~背ベルトと背中部分の見方~

  3. ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

  4. ランドセルの特徴を知ろう!~A4フラットファイルタイプ~

  5. ランドセルの収納は鞄だけじゃない?

  6. 教室に並ぶランドセル

    意外と知らない、ランドセルの素材の話