This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

randoseru

/randoseru

About randoseru

This author has not yet filled in any details.
So far randoseru has created 9 blog entries.

後悔しないランドセル選びは重さにこだわるより背負い心地を重視

By | 2017-10-19T12:32:39+00:00 10月 19th, 2017|Categories: 選び方ポイント, 背負い心地|Tags: |

ランドセルというのは、小学校入学のシンボルともいえるものです。   ランドセルを初めて背負う喜びにはしゃぐ子ども。ランドセルを背負うわが子の姿に感激する両親。可愛い孫の入学を祝う喜びに湧く祖父母。ひとつのランドセルを通して、それぞれの家庭の幸せの形が浮き彫りになります。   そんな大切なアイテムだからこそ、ランドセルは正しく選びたいものですね。     ■ランドセル選びのチェックポイント 子どもにとってランドセル選びで重要なのは、色とデザインのみ。「好きか嫌いか」「欲しいか欲しくないか」を決定するのに、色やデザイン以外の条件を判断材料にする子はほとんどいません。でも、親の基準は当然ながら違うはずです。重さ、サイズ、素材、機能性、耐久性、そして価格。どれも外せない判断基準に違いありません。   中でも重要視されるのは「重さ」ですね。現在販売されているランドセルは、本革製で約1100g~1500g、合皮製なら約900g~1200gのものが多いというデータがネット上では散見されます。そんな数字を見れば、たとえ100gでも軽いものを選んでやりたいのが親心というもの。ランドセルが軽ければ、わが子の負担が軽減すると思うことでしょう。 ■100g程度の重量差よりも重要なことがある ところが、ランドセルは単に軽ければいいというものではないのです。実際に背負ったときの負担を左右するのは、100g単位の重量差よりも背負ったときのフィット感や中身の収まり具合なのです。100g程度の重さのものといえば、A4ノート1冊あたりになります。ノート1冊を持ってみれば、それほど持ち重りするものではないことがおわかりになるでしょう。   たとえ100g程度重くても、型くずれを防ぐ芯材や背あたりを柔らかくするクッション材などが、しっかり施されているランドセルを選ぶことのほうが肝心なのです。   ランドセルを選ぶときは、できれば中身をある程度入れた状態で実際に背負ってみて、「背負い心地」を体感してみることをおおすすめします。

ランドセルは高いものほど良いとは限りません!アウトレットを賢く利用

By | 2017-10-20T15:26:23+00:00 10月 16th, 2017|Categories: 安いランドセル, アウトレットのランドセル|Tags: , , , |

ランドセルの価格は、年々高くなって来ています。直近のランドセル相場はおよそ5万円。一般の家庭では、決して安い買い物とはいえないはずです。   6年間毎日使うものだから、高いのは当然だとか、高いものほどよい商品だという親の思い込みが価格高騰を増長しているのかも知れません。子どもにとって大切な必需品だからこそ、適正な価格で購入するべきではないでしょうか。   ■アウトレットランドセルという選択肢 たとえば、「アウトレット」のランドセルを選ぶのも選択肢のひとつです。   アウトレットと聞くと、売れ残りや傷もの品をイメージする方も多いでしょう。確かに、難のある粗悪品をアウトレットと称して販売しているケースも少なからずあるので、じゅうぶん注意は必要です。でも、大事なポイントさえしっかりチェックすれば、「安かろう、悪かろう」のハズレ品を買ってしまう心配もありません。   ■アウトレット品を買うときのチェックポイント ・1万円を切る激安ランドセルは避ける。 ・最新モデルと遜色ない機能が備わっているか。 ・6年間保証がついているかどうか。 ・購入前に質問や問い合わせができるか。 ・通販の場合は試しに背負ってみることができないので、万が一の返品が可能かどうか。   以上をチェックして、その上で特に問題がなく、色やデザインが気に入っているならば、アウトレットを賢く利用するのは大いにありではないでしょうか。     ■アウトレットを利用するメリットは大きい 上手に探せば、相場価格や当初販売価格の半額以下で手に入ることもあるアウトレット。親としては、小学校入学祝いなのに「アウトレットってどうなの!?」と思うかも知れませんが、アウトレットを利用するメリットがほかにもあるとしたらどうでしょうか。   ランドセル購入にあてていた元々の予算より何万円も安く購入できるわけです。浮いた差額で子どものほしいものを何か買ってあげたり、家族でお祝いの外食や旅行に行ったりと、プラスアルファの楽しみをぜひ手に入れてください。  

ランドセル選びはお母さんも体感してください!

By | 2017-10-07T17:07:57+00:00 10月 12th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , |

ランドセルを買うときには十分に時間をとって お出かけください。 そして、お母さんも一度ランドセルを背負ってみてください。 どんな風に違いがあるか体感しないと、お子さんが背負った時の感想を聞けないですよね? この写真のランドセルは、今から約20年くらい前ものです。 背負うためのサポート機能がついていないので、荷物を入れた状態では、 「うしろに引っぱられる感じ!」 と、皆さん言われる事が多いです。 背中とランドセルに隙間がありますね。 また、ベルトで短く調整すると、腕とわきのあたりがくい込んでしまうので、結局後ろに引っ張れられて、臀部部分と肩にズッシリ重量がかかってしまいます。 違うタイプのランドセルも数点背負って頂きましが、個々に背負い心地が違う事を実感して頂きました。 脱ゆとり教育の影響でしょうか、小学生が6年間に使う教科書のページ数が、 全教科あわせると、平均で4857ページから5916ページになっています。 1059ページも増えていて、それだけ従来よりも教科書の重量が増えているわけです。 子どもの体にあったランドセルを選び、正しく装着しないと、今まで以上に子どもの負担が大きくなります。 さて、小学校6年間の身長の伸びはご存じですか? 入学時の男子の平均身長は116㎝、女子が115.5㎝ 6年生の平均身長は、男子145㎝、女子が146.7㎝ 約30㎝ほどの伸び、すさまじい成長です。 肩ベルトの調節が十分出来るランドセルを選んでください。 6年間使い続けるランドセルです。 小学校卒業時のお子さんの姿を想像できないかもしれませんが、 デザインを選ぶ際にも、あまりかわいらしさを求めると高学年になった時、 合わなくなるかもしれません。そういう意味ではシンプルなデザインをお薦めします。  骨の成長を妨げないように、良い姿勢を保てるように、 お子さんの身体にフィットするランドセル選びをしてください。

ランドセルを選ぶときは荷物を入れて背負ってみること!

By | 2017-10-07T16:26:24+00:00 10月 9th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , |

ランドセルを選ぶ基準は、カラー・ブランド・価格・機能・重量など様々ですが、実際に選ぶときは、ランドセルの中に荷物を入れた状態でお子さんにとって背負い心地が良いかどうかがとても重要です。 では一体ランドセルには、どのようなものが入るのでしょう? 算数・・教科書、国語ノート、漢字ノート、漢字ドリル 国語・・教科書、算数ノート、計算ドリル 生活・・教科書2冊 音楽・・教科書1冊 書写・・教科書1冊   ●毎日必ずいるもの 生活ファイル 連絡袋 筆箱 下敷き 連絡ノート(時間割を書くノート) 水筒 ハンカチ・ちりし 汗ふきタオル(夏のみ)   ●月曜日に持っていくもの 歯ブラシ・コップ マスク 体操服一式 給食エプロン シューズ 図書館で借りた本 小学校によって違いますが、平均的には上記の物が入ります。 一年生は荷物が多くならないように配慮されているようですが、 それでも2キロはあります。 三年生以上になると5キロはあるようです。お米と一緒ですねぇ そこで まず試着する際には、ランドセルの中にA4のコピー用紙を一包み入れてください。 約2キロです。 そして、一度お父さん、お母さんも背負ってみてください。 「我が子がこんなに重い荷物を毎日持つのか」・・と驚かれる方がほとんどです。 でも、同じ重量のランドセルでも背中にフィットするランドセルで肩ベルトを調節すると軽く感じるはずです。 身体に合わないランドセルを背負うと背中とランドセルのあいだが開いてしまいます。そうするとランドセル内の荷物の重さが、ぐっと後方に掛かることになります。 そのため女の子の写真のように、手で肩ベルトを引っ張る様にし、前かがみにならざるを得ない状態となり、実際以上の重量感を感じ、また姿勢も悪くなってしまいます。 身体にしっかりと沿ったランドセルなら、重量が(後方ではなく)垂直方向に向かいます。そのため無駄な重さを感じることなく、バランスよく過ごすことができます。 メーカー、デザインによって違います。そしてお子さんの体型、立ち方歩き方も違いますから、いくつか気に入ったものを背負ってみてください。

女の子に人気なランドセル、オススメなランドセルって?

By | 2017-10-05T14:44:15+00:00 10月 5th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , |

女の子は小さい時からおしゃれなものやキレイなものが大好き。   女の子用のランドセルは刺繍やマチ部分など細部まで考えられて作っているランドセルも多く、こだわりのある女の子にも納得出来るランドセルがきっとみつかるはずです。   ■女の子に人気のあるランドセル   女の子に人気のあるランドセルは   ・華やか ・可愛らしい   というパターンと   ・シック ・大人っぽい   というパターンに分かれますが、この2パターンが人気のようです。   華やかで可愛らしいランドセルは、スワロフスキーやレース、ローズの刺繍やステッチで飾られていてプリンセスが大好きな女の子に人気です。 人気のピンクもパール系ですとさらに華やかな印象になるので、そういったランドセルを背負うと注目が集まりそうですね。   またシックで大人っぽいランドセルですと、シンプルなデザインのランドセルも多いので、6年間飽きずに使うことも出来ます。カラーも赤や濃いめのピンクが人気で、種類もたくさんありますので、身体や好みにフィットしたものに出会えるはずです。   あまりに可愛らしすぎるデザインで6年間飽きずに使ってくれるか不安があるときは、お子さんときちんとお話ししつつ、お子さんお父さんお母さんみんなが納得出来るように決めてください。   ■女の子にオススメなランドセルは?   オススメなランドセルは、軽くて丈夫なものです。 男の子に比べて女の子はあまり乱雑な扱いをしないかもしれませんが、6年間使いますので何かしら擦ったりキズが付いたりすることもあります。 ランドセルカバーも可愛いものが売られていますが、ランドセルに刺繍が入ってあってそれが見えるように歩きたい場合は、ランドセル自体が丈夫なものを選ぶと良いでしょう。   軽いだけですと使っているうちにカタチが崩れたりもしてきますので、素材もしっかりと確認して購入して6年間気持ち良く登下校できるランドセルを選ぶといいですね。

男の子に人気なランドセル、オススメなランドセルって?

By | 2017-10-05T14:44:58+00:00 10月 2nd, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , |

黒・紺・茶色。 女の子に比べて色の選択肢が少ないイメージのある男の子のランドセル。確かに女の子よりは種類は少ないですが、ゴールドやシルバーのようなメタリックカラーで目立つランドセルもあります。 また、黒いランドセルといってもステッチや刺繍が施されていて凝っているランドセルも増えてきているので、お子さんが気に入るランドセルもきっと見つかるはずです。 基本的にはまだまだ黒いランドセルが人気ですが、背当てがカラフルだったり内装が凝ったデザインのものも最近はたくさん出てきていて、売れ行きも好調なようです。   男の子のランドセルは ・丈夫 ・かっこいい といったもの人気があるようです。   傷や汚れがつきにくい素材でできていて、しっかりした作りのものを選ぶと多少荒い使い方をしても6年間使えます。 さらに6年間保証のついたランドセルを選ぶと安心です。   スポーツブランドとコラボしたランドセルはかっこいいデザインが多く、お父さんお母さんもお子さんも気に入る方が多いです。 同じスポーツブランドのランドセルでも百貨店モデルとノーマルモデルでデザインや質感などが違うものもありますので、見比べてみるのもいいですね。   丈夫で使うほどに味の出る革のランドセルは耐久性もあり、男の子のランドセルにぴったりです。 しかし気をつける点もあります。それは水に弱いということ。雨が降っていても傘を差さない子もいますし、差していても濡れてしまうこともあります。 保護するために、定期的に専用クリームを塗ったりという手入れが必要になってきますので、親が気をつけてあげなければいけません。   お子さんの性格や体格などを考慮し、ぴったりのランドセル見つけてあげてください。

今時のランドセルは男女別人気カラーをチェックして上手に選ぼう!

By | 2017-10-20T15:23:34+00:00 9月 28th, 2017|Categories: デザインと色, 男女共通|Tags: , , , , , |

ランドセルといえば、男の子は黒で女の子は赤というのが定番だったのはすでに昔のこと。今どきのランドセルは、驚くほどカラーバリエーションが豊富になっています。選択肢が多いのはうれしい反面、目移りばかりするのが悩ましいところではないでしょうか。 ランドセルは、6年間の小学校生活をお子さんとともに過ごす大切なアイテム。買ってしまってから「失敗したな~」と後悔することのないよう、上手に選びたいものですね。 ■ランドセル選びの基準は色 ランドセル選びの基準になるのは何といっても色。 せっかく色とりどりのランドセルがあるのだから、お子さんには自由に好きな色を選ばせたいという親心もあるでしょう。でも、あまりにも奇抜な色を選んだばかりに周囲から浮いてしまって、場合によってはいじめにつながらないとも限りません。 お子さんの意見をできる限り尊重しつつ、最終的には親の目線で判断してあげることをおすすめします。   ■最近の人気カラーランキング 最近の人気カラーを把握しておくと、ランドセルを選ぶ際の良い判断材料になるはずです。以下に2017年現在の男女別人気カラーのランキングを載せてみましたので、ぜひ参考にしてください。 ◇男の子◇ 黒系 ネイビー系 ブルー系 グリーン系 その他(グレーやメタリックカラーなど)   ◇女の子 ピンク系(チェリーピンクなどの濃い目が人気) 赤系 茶系(チョコやココアブラウンが人気) 水色系 パープル系   ■コンビカラーという選択もおすすめ また、ここ2、3年の傾向として、ブラウン×赤、ブラウン×ピンク、黒×ブルー、黒×赤、といった「コンビカラー」の人気が高まりつつあります。 落ち着いたベースカラーに側面や縁取りだけ鮮やかな差し色を配したコンビカラーは、とてもハイセンスな印象です。定番色とヴィヴィッドカラーのどちらも捨てがたくて迷っているなら、コンビカラーという選択もいいのではないでしょうか。

ランドセルを選ぶポイントは?(女の子版)

By | 2017-10-05T14:38:05+00:00 9月 25th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , |

ピンク一つとっても、ビビッドピンクやパールピンク、ピーチピンクなど選択肢が多いうえに、刺繍やステッチなど種類が多い女の子のランドセル。   昔は赤がメインでしたが、最近は水色や紫色のランドセルも珍しくありません。 親とお子さんの意見が割れるという話もよく聞きます。 まずは地域の小学校の子どもがどのようなカラーが多いか調べてから、ランドセルを選び始めるのもいいかもしれません。   お子さんが使うものなので、お子さんが気に入ったランドセルが一番です。しかし、5、6歳の子に小学6年生まで使う姿を想像してランドセルを選ぶのは難しいところ。 お花やハート、お姫様のようなあまりに可愛すぎるランドセルや刺繍は高学年になってから飽きる可能性もありますので、そこを上手にお子さんに伝えながら選んでいくとよいでしょう。 いきなりたくさんのランドセルを見ても、お子さんは目移りして決めきれない可能性があります。先にお父さんやお母さんが数種類をある程度ピックアップしておいて、その中から好きなランドセルを選んでもらうのもいいですね。   お子さんが小柄だったり通学の距離が長くて体力もあまりないのでしたら、軽い素材のランドセルもおすすめです。 軽くて丈夫なランドセルは、たくさんのメーカーから出されており、色やデザインも豊富にありますので気に行ったものも見つかるはずです。 体へフィットしていないランドセルは、実際よりも重く感じ体に負担も増えます。体にフィットしたランドセルを選んであげましょう。   重さ・機能・丈夫さ・デザイン。ランドセルを購入するまでに見るポイントはたくさんありますが、6年間使うものなのでお気に入りのランドセルが見つけてくださいね。

ランドセルを選ぶポイントは?(男の子版)

By | 2017-10-07T14:18:13+00:00 9月 21st, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , |

「ただいま~! 行ってきま~す」って、ランドセルを放り投げて家を飛び出す男の子。 今 そんな光景があるのかないのか分りませんが、校庭の片隅に放り出されているランドセルたちは見かけます。 黒いはずのランドセルの端は革の元の色が出ていて、思わず油性マジックで黒く塗りつぶしたくなる。(笑) やはり男の子のランドセル選びは、なんといっても耐久性。 耐久性を重視して、本革(牛革)ランドセルを選ぶ人も多くいます。 でも今は本革でなくとも、軽くて耐久性のあるランドセルも増えてきています。   それでも壊してしまったら? ランドセルには保証がついているものと、 ついていないものがあるってご存知ですか? もし壊してしまって保証がついていないものであったら、 えらく修理代がかかったり、新しく買いなおすことになってしまいます。   最近では格安ランドセルや一万円台の激安のランドセルも登場していて CMなどでも紹介されています。作りは大丈夫かな?・・と心配になってきますが、 三年で買い替えるという選択もアリかもしれません。 いずれにせよ、せっかく買うのですから、安易に価格だけで決めず、しっかりした造りのものを買いたいものですね。   さて、男の子が喜ぶほめ言葉はなんでしょう? 2歳ぐらいからハッキリ女の子と分かれますね。 女の子は「かわいい」、では男の子は? そうです「かっこいい」 ランドセルを選ぶ基準もデザインのカッコよさ。   小学校に上がる頃には、男の子もデザインや色にこだわりがある子もいます。 構造的なことは親が選んであげて、デザインや色はお子さんの好きなものを選ばせてあげたらいいですね。 6年間使うランドセルを守る味方がありました。【ランドセルカバー】 透明のものもデザインのものもあります。 もうひとつ有難いのが【反射テープ付き】がカバーに付いていること。 雨の薄暗い日、夕方から夜に掛けて、男の子のアイテムはとかく黒っぽいので事故が心配ですよね。 ランドセルを汚れや傷から守るだけでなく、男の子の身を守るランドセルカバー。 ランドセルと一緒に一度検討してみてはいかがでしょう?