This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

未分類

//未分類

人工皮革ランドセルのお手入れ方法~汚れた時~

By | 2017-06-19T11:10:10+00:00 6月 19th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , |

人工皮革ランドセルは汚れにも強い 人工皮革ランドセルは汚れにも強く、落とし方も簡単です。 しかし、乱暴に扱ってしまうと細かい傷や劣化の原因となってしまいます。 汚れてしまった時のお手入れと注意点をおさえて、正しいお手入れをしてあげましょう。 人工皮革ランドセルが汚れてしまった時のお手入れ 人工皮革のランドセルが汚れた時は、固く絞った布等で水拭きして下さい。 大抵の汚れはこれだけで落とす事が出来ます。 どうしても汚れが落ちなかった時は、中性洗剤を薄めた物で拭くと落ちやすくなります。 汚れを落とそうとしてゴシゴシこすってしまうと、細かい傷や刺繍の崩れといった劣化につながってしまいますので、優しく行うようにして下さい。 中性洗剤は洗浄力の強い物を使用すると、色落ち等の劣化につながりますので気を付けましょう。 マジック等の油性の汚れがついてしまった時は、除光液やエタノールで落とす事が出来ます。 しかし、人工皮革の素材によっては使用できない場合もありますので、事前に説明書を確認するようにして下さい。 人工皮革は汚れに強く、天然皮革に比べれば汚れも落としやすいです。 汚れてしまっても慌てずに、適切なお手入れをしてあげましょう。

人工皮革ランドセルのお手入れ方法~水にぬれた時~

By | 2017-06-15T21:36:15+00:00 6月 15th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , |

人工皮革ランドセルは、お手入れがとても簡単 人工皮革のランドセルは、水や汚れにとても強い素材です。 天然皮革の様に、すぐに手入れをしないと劣化するという事はありません。 しかし、お手入れの仕方を知っておけば、いざという時も慌てずに対処できます。 今回は、汗や雨によって人工皮革のランドセルが濡れた時のお手入れ方法の紹介です。 人工皮ランドセルが濡れた時のお手入れ方法 人工皮革のランドセルが濡れた時は、乾いた布で水分を拭き取ってあげるだけで完了です。 元々、水に耐性のある樹脂で出来ているので、少し塗れたくらいならそのまま放置していても問題ありません。 ただ、熱い時期だと背中や背負いベルト部分が汗で濡れる事も多いので、夏場は少し注意してあげて下さい。 この他において入れが必要な場面だと、ゲリラ豪雨や豪雪等でランドセルがずぶぬれになってしまった場合です。 この場合は、乾いた布でふき取ったら中に新聞紙を詰めるとより早く乾かす事が出来ますよ。 天然皮革ではお手入れ後にクリームや油を使いますが、天然皮革にこれらの製品を使うとランドセルの劣化につながってしまうので、絶対に行わないで下さい。 水分や汚れに強い人工皮革も、お手入れの仕方を間違えると劣化が早まってしまいます。 適切なお手入れをするようにして下さいね。

天然皮革ランドセルのお手入れ~普段のお手入れ編~

By | 2017-06-12T08:33:52+00:00 6月 12th, 2017|Categories: 未分類|

天然皮革のランドセルには、定期メンテナンスが必要 天然皮革のランドセルは、定期的なメンテナンスをしておかないと、固く、ひび割れを起こしてしまう事があります。 天然皮革の持ち味である高級感も、定期メンテナンスがあってこそです。 今回は、天然皮革のランドセルに行う、普段のお手入れを紹介します。 週に1回、ブラッシングとクリームでのメンテナンスを 週に1回、最低でも夏休み等の長期休みに入る時に、お手入れをしてあげましょう。 定期メンテナンスには、乾いた布と保革クリーム、必要な場合は革製品用の汚れ落としが必要になります。 最初に乾いた布でランドセルを拭き、汚れやほこりを落とします。 フタだけでなく、背中やベルト部分もしっかり行って下さい。 必要なら、革製品用の汚れ落としで汚れを落とします。 しっかりと汚れを落としたら、保革クリームをランドセル全体に擦り込んでいきます。 保革クリームは量が多いと革がやわらかくなってしまいますので、少しずつ取って擦り込むのがコツです。 最近は天然皮革のランドセルでも、防水加工やツヤ加工をしているタイプもあります。 加工の施しているタイプの場合、このお手入れが出来ない事もありますので、ランドセルについている説明書に従ってお手入れをするようにして下さい。

天然皮革ランドセルのお手入れ~汚れた時~

By | 2017-05-15T22:16:51+00:00 5月 15th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , |

意外に多い、ランドセルの汚れ 雨等の水分にさらされるよりも少ないですが、以外の多いのがランドセルの汚れです。 登下校中に汚れが付く事もあれば、学校内で汚れがついてしまう事もあります。 今回は、意外と多いランドセルに汚れがついてしまった時のお手入れをご紹介します。 天然皮革は、革用クリーナーを使用する 天然皮革で出来ているランドセルの場合、できるだけ早く汚れを落とす必要があります。 ランドセルの汚れに気が付いた時は、すぐに革用のクリーナーできれいにするようにして下さい。 天然皮革のランドセルを購入する時には、こうした革製品のお手入れ用グッズも併せて購入する事をおすすめします。 革用クリーナーで汚れをきれいに拭きとった後、乾いた布に革用ワックスを付けて磨いて仕上げます。 最期に光沢が出る様に、乾いた布で軽く磨いてあげて完成です。 汚れが付いていない場合でも、週に1,2回はランドセルのお手入れをしておくと、汚れや傷に強くなります。 お手入れをした方が風合いも良くなりますので、汚れがない時でもランドセルをお手入れする習慣をつけるといいでしょう。 お子さんにやり方を教えて任せてあげれば、自分の持ち物を管理する訓練にもなりますよ。

天然皮革ランドセルのお手入れ~水にぬれた時~

By | 2017-05-11T21:56:04+00:00 5月 11th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , |

ランドセルにとって水は劣化の原因 毎日徒歩で登校するお子さんたちが背負うランドセル。 登下校中、天気が悪い事もありますから、ランドセルが濡れてしまう事はよくある事です。 しかし、革製、特に水分に弱い天然皮革のランドセルにとって、雨等の水濡れは劣化の原因になります。 ランドセルが濡れてしまった時は、できるだけ早くお手入れしてあげる必要があるのです。 天然皮革のランドセルは、乾拭きと影日干しを 天然皮革は水分に長い間触れ続けていると、革が硬くなり、ひび割れが起きます。 耐久力の劣化につながる上、変形や変色を招いてしまうのでできるだけ早いお手入れが必要です。 お手入れの方法は、水にぬれたランドセルを乾いた布で優しく拭き、陰干しするだけですから、とても簡単です。 この時、早く乾かそうとドライヤーに当てる・ストーブの前に置くと、変形や変色の原因になってしまうので避けて下さい。 早く乾かしたい場合は、乾燥剤や新聞紙を中に入れておくと効果的です。 ある程度乾いたら革用のクリームやクリーナーで拭いてあげると、劣化を防ぎ、風合いを高める事が出来ます。 また、普段からランドセルカバー等で雨等に濡れないように保護してあげるのも有効な手段です。

特殊素材で出来たランドセルについて

By | 2017-05-08T23:39:05+00:00 5月 8th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , , , |

革素材以外で出来たランドセルについて ランドセルは天然と合成の違いがあっても、基本的には革素材から作られる事が多いです。 しかし、中には特殊素材を利用して作られたランドセルも存在します。 主に、企業やブランドが話題性を狙って作るもので、ニュースでも取り上げられる事があります。 壊れにくい素材や車等にも使用されている素材が使用されている為、機能性やデザイン性に優れた物が多いのが特徴です。 しかし、他にはないデザインの為、小学校の校風や使用されているランドセルの傾向によっては浮いてしまう事が多いです。 また、特殊素材を使用しているので、他とは比べ物にならない位値段が高い製品がほとんどです。 企業やブランドの宣伝目的で作られる事も多い為、当たり前と言えば当たり前ですが、あまり現実的な品とは言えません。 使用が目的というよりは、コレクションのように飾っておく為の物に近いです。 子供向けに宣伝している訳ではないので、お子さんよりも大人のご家族が見つける事が多いのも特徴の一つと言えるでしょう。 特殊素材を使用して作られたランドセルは、品質やデザインは確かですが、実用的かと言われると疑問が湧いてしまう製品と言えるでしょう。

PU(ウレタン製皮)ランドセルの特徴

By | 2017-05-04T22:50:39+00:00 5月 4th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , , , |

一般的な合成皮革製ランドセルの特徴 ランドセルの中でも比較的安価で手に入りやすいのが、PU、ポリウレタン製のランドセルです。 昔は合成皮革はすぐに劣化する、と言われていましたが、現在は技術の向上により他の人工皮革と比べても遜色のない物が増えてきました。 今回は、そんなPU製ランドセルの特徴をご紹介します。 PUランドセルのメリット PU製ランドセルのメリットとして、他にはない安さがあげられます。 一般的に、ランドセルは2,3万前後の値段で販売されていますが、PU製は1万円台の物がほとんどです。 大量生産しやすい素材でもあるので、カラーやデザインの幅が広い上に、大量に販売されているので入手しやすいという特徴もあります。 また、耐水性や軽さにも優れており、多少乱暴な扱いをしても大丈夫な製品が多いです。 PUランドセルのデメリット デメリットとしては、本革に比べると耐久性が低い点と見た目の安っぽさがあげられます。 PUランドセルは耐久性が他のランドセルよりも若干低い為、乱暴に扱うとすぐに劣化してしまいます。 また、風合いも本革のランドセルに比べるとどうしても劣って見えてしまいます。 こうしたデメリットがある為、毎日使うランドセルではなく、ランドセルが故障した時のスペアとしてPUランドセルを購入する人もいます。

合成皮革で作られたランドセルの特徴

By | 2017-05-01T13:19:41+00:00 5月 1st, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , , , |

合成皮革と人工皮革の違い 人工的に作られたランドセルを分類すると、2つの種類に分類できます。 一つは今まで紹介してきた人工皮革のランドセルです。 もう一つは、合成皮革という素材から作られたランドセルになります。 人工皮革と合成皮革は、両方とも工場で作られた人工的な革素材です。 パッと見ただけでは違いが分かりにくく、どうして区別されているのか分かりにくい素材でもあります。 分かりにくい人工皮革と合成皮革の違いは、中に使われている素材にあります。 人工皮革は樹脂を吹きかける基材に、不織布を使用しています。 構造が天然皮革に近い構造になっており、天然皮革と同じ様な加工をする事が出来ます。 合成皮革は基材に不織布ではなく、編物や織物を使用しています。 編物や織物にポリウレタン等の樹脂を厚く塗布、または貼り付けて作られます。 合成皮革は構造的に、厚みや伸縮性、硬さ等を自由に作る事が出来る上、天然皮革よりも安価に作る事が出来るので、様々な製品に活用されています。 もちろん、ランドセルもその一つです。 合成皮革で作られたランドセルは、カラーバリエーションやデザインがたくさんあり、耐水性や軽さに優れた製品が多いです。 また、安価に作る事が出来る為、他のランドセルよりも値段が安く、大量に生産されるので入手しやすいという特徴もあります。

タフガードランドセルの特徴

By | 2017-04-27T14:43:06+00:00 4月 27th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , , |

帝人(テイジン)とニトリが共同開発した人工皮革 ランドセルを素材で選んでいると、クラリーノと同じ位名前を見かける人工皮革があります。 その一つが、今回ご紹介するタフガードです。 タフガードは、帝人コードレとニトリがランドセルの為に開発した人工皮革で、耐久性と耐水性に優れた特徴を持っています。 元はニトリで販売するランドセルの為に作られましたが、現在では多くのメーカーで使用されています。 そんなタフガードのメリットとデメリットご紹介します。 タフガードのメリット タフガードのメリットは、高い耐久性と耐水性です。 名前に「タフ」とついているだけあり、他の素材よりも頑丈で、お手入れもあまり必要ありません。 また、軽量化に力を入れて開発されているので、他の人工皮革よりも軽いという特徴があります。 この他カラーバリエーションも豊富で、メタリック加工やパール加工も可能です。 タフガードのデメリット メリットがたくさんあるタフガードですが、天然皮革と比べるとどうしても風合いや高級感で負ける事があります。 いくら丈夫でも人工皮革ですから、使用すれば使用する程起こる外見の劣化からは免れません。 高級感や皮の風合いにこだわりたい人は、難色を示すかもしれません。

エアヌールランドセルの特徴

By | 2017-04-24T21:08:09+00:00 4月 24th, 2017|Categories: 未分類|Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , |

クラリーノよりも丈夫な、高密度タイプの人工皮革 人工皮革は様々なメーカーや工場で生産されており、それぞれ特徴が違います。 今回ご紹介するエアヌールは、その中でも高密度型の人工皮革です。 高密度型の人工皮革は他の物に比べて耐久力が強く、人工皮革の中でも高級な素材の一つです。 エアヌールのメリットとデメリットをご紹介します。 エアヌールのメリット エアヌールのメリットとして、高い耐久性と耐水性があげられます。 他の人工皮革と比べても、革がしっかりしており丈夫です。 艶加工やマット加工、パール加工やシボ加工等、人工皮革だからこそできる加工がされている事もあります。 他の人工皮革よりも加工によって高級感や丈夫さがプラスされている事もありますから、エアヌールを選ぶ時は加工にも注目しておくとよい物を手に入れる事が出来ます。 エアヌールのデメリット メリットの多いエアヌールですが、もちろんデメリットもあります。 まず、高密度で丈夫な分、他の人工皮革よりもわずかですが重さがあります。 また、人工皮革ですか使えば使う程劣化します。 また、その高い機能性から人気が高く、他の人工皮革よりも売り切れやすいという点もデメリットと言えるでしょう。 エアヌールに限らず、高機能の人工皮革を使用したランドセルは売り切れやすいので購入の際はできるだけ早く購入するようにしましょう。