小柄な子のランドセル選びでチェックするポイント3つ

お子さんが小柄ですと、ランドセルによっては大きすぎるように感じてちゃんと通学できるか不安になることもありますよね。

お子さんに負担が少なくなるランドセルは軽いランドセルを選べばいいというわけではありません。他にもチェックしておくべきところがありますよ。

背負い心地を確認しましょう

まず大事なのが背負い心地です。
体にしっかりとフィットするランドセルは、お子さんの通学中の負担を軽減してくれます。
ランドセルの展示会やお店で実際に背負ってみて、ランドセルと背中に隙間がないかを確認してください。背中にぴったりとくっついているとバランスを保ちやすくなりますし、背負い心地もよいです。
お店によっては教科書分の重りも置いていますので、それをランドセルの中に入れて背負ってみるとさらによいでしょう。

ランドセルの型のオススメは?

「2018年現在ランドセルの中で人気のある型とは?」でランドセルの型をご紹介しましたが、人気急上昇中のキューブ型は見た目はコンパクトで大容量入ります。ですので学習院型のランドセルを背負うと大きすぎると感じる小柄な子にもぴったりです。

ヘリがなく縫い代も少ないキューブ型ランドセルは軽いものも多いです。
カラーや素材、デザインも豊富で機能性もあるキューブ型のランドセルも増えてきているので、親子とも気に入るランドセルが見つかるでしょう。

軽量さもやっぱり大事

ランドセルは軽ければ軽い方がいいというものでもありません。しかしクラリーノなどの合成皮革を使ったランドセルは軽量なのに丈夫なものが多いので、6年間使用に耐えられるものも豊富にあります。1,000g前後のランドセルは軽いと言われていますので、購入する前に重量も確認しておくとよいでしょう。

上記のポイントを押さえておけば、あとは好きなデザインやカラーのランドセルを選んでも問題ありません。
6年間学校へ行くのが楽しくなるようなランドセルを選んでくださいね。

関連記事

  1. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  2. ランドセルの選び方~背ベルトと背中部分の見方~

  3. ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

  4. ランドセルの特徴を知ろう!~A4クリアファイルタイプ~

  5. ランドセルの収納は鞄だけじゃない?

  6. ランドセルカラーが持つ意外な特徴

アーカイブ