型落ちランドセルをさらにお得にネット購入するチェックポイント4つ

新型モデルと比較してもほとんど遜色のないデザインや機能のランドセルが、格安で購入できる!

それこそが格安ランドセルの最大メリットです。

元の販売価格よりも1~2万円安いのは当たり前、中には半額程度で手に入るモデルもあります。当然ながら需要が多いので、近所のお店では早々に売り切れてしまうことも多いもの。

でも、ネットならまだ販売している可能性があります。ここでは、型落ちランドセルをネットで購入したい人向けのチェックポイントをお伝えします。ポイントをしっかり抑えて、格安の型落ちランドセルをさらにお得に手に入れましょう。

ネットでランドセルを購入するときに見るべきところ

いくら安く購入できても、あとあとトラブルに繋がったり、ダメージが見つかったりしたら大変!お子さんにとって大切なパートナーになるランドセルですから、購入するネットショップは慎重に選ぶべきです

では、良いショップかどうかを判断するにはどうしたらいいか。チェックすべきポイントは次の4つです。

サイトの内容と購入者のレビュー

サイトを訪問したときに、ランドセルに関する情報がわかりやすく掲載されているかどうかをチェックしましょう。それこそ「かゆいところに手が届く」ように、購入者の疑問や不安を解消してくれる丁寧な説明をしているサイトならまず安心です。

購入者の商品や店舗へのレビューはとても重要なので、ぜひ目を通して下さい。もしも低い評価やクレームの書き込みがあった場合は、それに対するショップの回答や対応にも注目しましょう。

新作との違いを明確に掲載しているか

新型モデルと比較しても、どこがどう変わったのかわからないほどの型落ちランドセルがある一方で、大きくマイナーチェンジしている場合もあるので注意が必要です。

たとえば、学習院型からキューブ型への大幅変更。あるいは、新型には反射テープがついているけれど型落ちにはついていないとか、新型のロックは自動だけど型落ちは手動だとか。マイナーチェンジされていないか、あらゆる部分を念入りに確認してください。

デザイン、容量、機能性、安全性、と様々な条件の中で、「これだけは譲れない」という点は人それぞれです。その点を犠牲にしてまで、安さだけを決め手にして購入することはおすすめできません。

お子さんやご自身がいちばん大事にしたい「こだわり」をクリアしているかどうか、明確に判断できるような解説をしているショップを選んでください。もしも不安な場合は、直接問い合わせてみるのもいいでしょう。そう考えると、問い合わせ窓口への誘導がわかりやすいサイトは良心的だといえます。

6年保証がついているか

6年間も使うランドセル。どんなに丁寧に扱っても、多少の劣化は避けられません。まして元気いっぱいのお子さんなら、思いがけない故障もありえるでしょう。

何かあったときの安心材料として、今どきのランドセルには「6年保証」がついているのが普通です。保証がついていないネットショップはそもそも論外ですが、「6年保証」をつけることが有料のショップもあります。もしくは、最新モデルには無料でついているけれど、型落ちランドセルの場合は何かしらの条件のもとに「6年保証」がつくというケースもあるので充分に確認しましょう。

ランドセルにとって「6年保証」は必須ですので、できれば無条件でつけてくれるショップを選んで下さい。

直近の型落ちランドセルだけを表示する検索方法

「型落ちランドセル」というキーワードで検索すると、数年前のモデルが表示されてしまったという経験はないでしょうか。単独キーワードで検索した場合は、かなり古い情報が表示されるのはよくあることです。

狙い目の型落ちランドセルは最新モデルよりひとつ前の直近モデルだけですから、何年も前の情報は必要ありません。そこで、検索の仕方を工夫してみましょう。

検索窓に「ランドセル 型落ち 2017」「2017年 型落ち ランドセル」のように年数を入れてください。これで、直近の型落ちモデル情報がメイン表示されて、グッと探しやすくなるはずです。

良いショップを判断するチェックポイントを抑えていれば、ネットでランドセルを購入するのもさほど難しくはありません。

ネットショッピングを上手に利用して、お気に入りのランドセルをお得な価格で手に入れて下さい。

関連記事

  1. 女の子に人気なランドセル、オススメなランドセルって?

  2. 2018年間近!人気ランドセルを手に入れるための秋のラン活とは?

  3. 男の子のランドセル選びの注意点

  4. ランドセルは誰が購入? カラーの擦り合わせなども話し合うなら年末年始がオススメです

  5. 年中ママはランドセル購入を焦らないで!すぐできる簡単ラン活を紹介

  6. 入学式までのランドセルの保管方法と場所で気をつけること

アーカイブ