ポリウレタン製ランドセルの特徴

 一般的な合成皮革製ランドセルの特徴

ランドセルの中でも比較的安価で手に入りやすいのが、PU、ポリウレタン製のランドセルです。

昔は合成皮革はすぐに劣化する、と言われていましたが、現在は技術の向上により他の人工皮革と比べても遜色のない物が増えてきました。

今回は、そんなPU製ランドセルの特徴をご紹介します。

 PUランドセルのメリット

PU製ランドセルのメリットとして、他にはない安さがあげられます。

一般的に、ランドセルは2,3万前後の値段で販売されていますが、PU製は1万円台の物がほとんどです。

大量生産しやすい素材でもあるので、カラーやデザインの幅が広い上に、大量に販売されているので入手しやすいという特徴もあります。

また、耐水性や軽さにも優れており、多少乱暴な扱いをしても大丈夫な製品が多いです。

 PUランドセルのデメリット

デメリットとしては、本革に比べると耐久性が低い点と見た目の安っぽさがあげられます。

PUランドセルは耐久性が他のランドセルよりも若干低い為、乱暴に扱うとすぐに劣化してしまいます。

また、風合いも本革のランドセルに比べるとどうしても劣って見えてしまいます。

こうしたデメリットがある為、毎日使うランドセルではなく、ランドセルが故障した時のスペアとしてPUランドセルを購入する人もいます。

関連記事

  1. ランドセルの選び方~背ベルトと背中部分の見方~

  2. ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

  3. ランドセルの収納量って、違いはあるの?

  4. ランドセルの特徴を知ろう!~A4クリアファイルタイプ~

  5. ランドセルを選ぶ時には、ふたにも注目?

  6. ランドセルカラーが持つ意外な特徴