ランドセルの返品・交換は出来るの?

お望みのランドセルをゲットして、「新品だから大丈夫」と箱を開けずに保管されている方が多いのではないですか?入学直前に箱から出して、不具合が見つかって大慌て!なんてことがないように、チェックしてくださいね。

チェックポイントは、

・色やデザインが希望していたものか
・付属品があるか(レインカバー、サブバック、キーホルダー、ネームタグなど)
・手引き書(サポートブック、しおりなど)があるか
・傷や汚れがないか
・カギがきちんと閉まるか

子供が使うランドセルの基準は厳しく、まず不具合があることはないと思いますが、念の為に購入時のレシートや保証書は大切に保管しておきましょう。

返品と交換

入学までにお子さんの好みが変わって、他のランドセルと交換したいと言い出したら?

ランドセルメーカーは多数ありますが、一週間以内であれば、返品・交換を受ける場合が多いようです。かなり日にちが経ってしまったら無理だとは思いますが、あきらめずにメーカーに直接相談してみてください。

色に飽きたときの対策

数年使用した後に、「ランドセルの色飽きちゃった」という場合はどうしましょう?

ピカピカの一年生。その象徴のランドセルですから、お子さんの好みの色・デザインを買ってあげたいのはやまやまです。でも、低学年の間はお姫さまのようなラブリーなイメージが好きなお子さんでも、高学年になればシャープなテイストを好む場合だってあります。

親としてはそのようなことも想定して、無難な色やデザインを選びたいでしょうが、「この色がいい」とハッキリ主張するお子さんもおられますので難しいところですね。

最終的な対策として、革を染めることが出来るそうです。染料を買って自分で染めることも出来ますし、業者に依頼することも出来ます。

●染めQテクノロジー   http://www.somayq.com/

他には、かばんや靴の修理専門店に相談してください。あとは、ランドセルカバーを上手く利用する方法もありますのでご検討ください。

 

関連記事

  1. ランドセルを選ぶときは荷物を入れて背負ってみること!

  2. ランドセルは祖父母からの入学祝いが多いそうです。でも今と昔は違いますから気をつけなくちゃ!

  3. ランドセル売り場の特徴とネット販売の注意点

  4. 年末年始、おじいさんとおばあさんからランドセルのプレゼントが多いです。

  5. もし、もう一度ランドセル選びをするなら?

  6. リサイクル・リメイク・リユース 思い出のつまったランドセルを捨てずに活かす3つの方法!

アーカイブ