ランドセルのプチ失敗談を知って選ぶときに活用しましょう

買い直すほどの大きな失敗でもないけれど知っていたら違うのを購入していたかもしれないというプチ失敗談があります。

今回小学生のお子さんを持つお母さんにランドセル購入に関するプチ失敗談を聞きました。ランドセルを購入するときにどういったことに気をつければいいのか困っている方の参考になりましたら幸いです。

小柄なので小さめのランドセルにしたけれど、容量がもう少し大きい方が良かった。

(お子さんが2年生のお母さん)

小柄なお子さんですと大きめなランドセルは最初背負って学校に行くのが大変なのではないか。そう思ってあえて小さいサイズのランドセルを選ばなくてもお子さんの成長は早いので大きめなサイズのランドセルでも大丈夫かもしれません。容量が大きければ教科書だけでなく体操服や給食袋などもランドセルに入れることができますので両手が空いて安全に登下校できやすくなります。最近ではキューブ型のランドセルという見た目はコンパクトだけれども大容量のランドセルもありますのでお子さんが小柄な場合はキューブ型を検討してみてもいいですね。

パステルカラーのランドセルにしたら色落ちした

(お子さんが5年生のお母さん)

水色やピンク、パープルなど女の子のランドセルのカラーはパステルカラーも人気です。しかし高学年になると色落ちしてくることも。この色落ちの原因は『日焼け』です。学校まで遠い方は日焼けによる色落ちの心配がありますので少し濃いめのカラーにしてもよいですね。汚れに強い素材のランドセルも多く出てきていますのでパステルカラーのランドセルで高学年になっても大きく汚れが目立つというようなことはありません。通学路などでランドセルを擦って傷が出来てしまう心配がある方は透明なランドセルカバーもありますので上手に活用してください。

親に相談せずにランドセルを購入してしまったけど、一緒にランドセルを見に行きたかったと後から聞いた。

(2年生のお母さん)

プチ失敗談で終わって良かったですがご家庭によっては大きな失敗になることも。事前に誰がランドセルのお金を出すのか一緒に購入するのかなどの相談を両家のご両親とも話し合っておくことをおすすめします。同じように見えても使い勝手が全然ちがうこともあるランドセル。身近な人にもプチ失敗談やランドセルの良かったポイントなどを聞きながら納得のいくランドセルを見つけてください。

 

関連記事

  1. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  2. ランドセルの収納量って、違いはあるの?

  3. ランドセルの収納は鞄だけじゃない?

  4. 和室にランドセル

    コードバンランドセルの特徴

  5. クラリーノランドセルの特徴

  6. ランドセルに使用されるクラリーノの種類

アーカイブ