タフガードランドセルの特徴

ランドセルと文房具

帝人(テイジン)とニトリが共同開発した人工皮革

ランドセルを素材で選んでいると、クラリーノと同じ位名前を見かける人工皮革があります。

その一つが、今回ご紹介するタフガードです。

タフガードは、帝人コードレとニトリがランドセルの為に開発した人工皮革で、耐久性と耐水性に優れた特徴を持っています。

元はニトリで販売するランドセルの為に作られましたが、現在では多くのメーカーで使用されています。

そんなタフガードのメリットとデメリットご紹介します。

タフガードのメリット

タフガードのメリットは、高い耐久性と耐水性です。

名前に「タフ」とついているだけあり、他の素材よりも頑丈で、お手入れもあまり必要ありません。

また、軽量化に力を入れて開発されているので、他の人工皮革よりも軽いという特徴があります。

この他カラーバリエーションも豊富で、メタリック加工やパール加工も可能です。

タフガードのデメリット

メリットがたくさんあるタフガードですが、天然皮革と比べるとどうしても風合いや高級感で負ける事があります。

いくら丈夫でも人工皮革ですから、使用すれば使用する程起こる外見の劣化からは免れません。

高級感や皮の風合いにこだわりたい人は、難色を示すかもしれません。

関連記事

  1. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  2. ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

  3. ランドセルの収納量って、違いはあるの?

  4. ランドセルの特徴を知ろう!~A4クリアファイルタイプ~

  5. ランドセルの特徴を知ろう!~A4フラットファイルタイプ~

  6. ランドセルを選ぶ時には、ふたにも注目?