全かぶせタイプランドセルの特徴を解説!

 

オーソドックスな形状を持つランドセル

ランドセル、と聞くとすぐに思い浮かぶのが、ふたであるかぶせがランドセル全体を覆う全かぶせタイプです。
このタイプは昔から愛用されてきたデザインで、現在でも高い人気を誇っています。
この、オーソドックスな形状には、どの様なメリットとデメリットがあるのか解説します。

全かぶせタイプのメリット

全かぶせタイプのメリットは、なんといっても製品自体の数が多い所です。
多くのメーカーや工房がこの形状で作成しているので、デザインや機能面でも選べる範囲がとても広くなっています。
また、小学校で使用する教科書や教材はこのタイプの製品に入れる事を前提に作られています。
収納もスムーズに行えるので、使用時のストレスも少なく済む点も、メリットと言えるでしょう。

全かぶせタイプのデメリット

デメリットとしては、一々かぶせを大きくめくらないと収納が出来ない点があげられます。
また、半かぶせやワイドタイプに比べて可愛くない、と感じるお子さんもいます。
デザインにこだわりがあるお子さんだと、全かぶせタイプを嫌がる場合もあるのです。
しかし製品の数が多い分、デザインにも幅がありますから、あまり気にならないデメリットでもあります。

関連記事

  1. ランドセル展示会場に潜入!2018年度の売れ筋や現場の様子をお届け

  2. ランドセル売り場の特徴とネット販売の注意点

  3. 男の子に人気なランドセル、オススメなランドセルって?

  4. ランドセルを選ぶポイントは?(女の子版)

  5. ランドセルメーカーは100以上!種類と特徴を覚えておくと便利

  6. 2018年度ランドセル人気ランキング&2019年度の売れ筋予測!

アーカイブ