クラリーノランドセルの特徴

 

ランドセル素材の中でもポピュラーな人工皮革

ランドセルの素材として、一番よく聞く人工皮革であるクラリーノは、50年前にクラレが開発した人工皮革です。
マイクロファイバーで出来た不織布にポリウレタン樹脂を用いる事で、丈夫で天然皮革に近い味わいがあります。
今回は、クラリーノランドセルの特徴をご紹介します。

クラリーノのメリット

クラリーノのメリットとして、革よりも軽く、水に強いという特徴があげられます。
型崩れしにくく、不織布と密度の高い樹脂を利用しているので、他の人工皮革よりも丈夫です。
人口素材ならではの、自由なカラーリング大量生産による価格の安さお手入れの手軽さもメリットと言えるでしょう。

クラリーノのデメリット

クラリーノのデメリットとして、使い込めば使い込む程劣化する点があげられます。
他の人工皮革よりは丈夫ですが、劣化がひどい場合や深い傷がついてしまうと、中の不織布が見えるようになる等、見た目に影響が出ます。
天然皮革は使い込めば使い込む程、革の味が出ますが、クラリーノはどんどんボロボロになっていくのです。
また、天然皮革のランドセルと比べると、どうしても安っぽく見えてしまいます。
購入する人によっては難色を示す事もありますので、これもデメリットと言えるでしょう。

関連記事

  1. 地域でがんばる「工房系」こだわりランドセル屋さん 東北~中部編

  2. ランドセル売り場の特徴とネット販売の注意点

  3. 小柄なお子さんのランドセル選びにおすすめしたい3つのポイント

  4. ランドセルを選ぶ時には、ふたにも注目?

  5. ランドセルに使用されるクラリーノの種類

  6. ランドセルの返品や交換方法について知っていますか?

アーカイブ