ランドセルの特徴を知ろう!~A4フラットファイルタイプ~

 

最近主流のランドセルサイズ

最近は、容量が大きく、様々な教材に対応できるA4フラットファイルサイズのランドセルが増えています。
今回は、多くのメーカーや工房が採用している、A4フラットファイルサイズの特徴を紹介します。
メリットとデメリットを見比べて、どの様なランドセルなのかをしっかり理解しておくと、より良い製品を購入する時のヒントになりますよ。
 

A4フラットファイルサイズのメリット

A4フラットファイルサイズのメリットは、他のサイズよりも積載量が多い点があげられます。
フラットファイルは、その想定サイズよりも一回り大きく作られているものです。
このファイルが入るようにできている為、その分容量が大きいのです。
大きめの教材も難なく入ってしまう為、荷物をひとまとめにする事が出来ます。
また、主流サイズなので、デザインや機能を選ぶ幅が他よりも広い点もメリットの一つです。

A4フラットファイルサイズのデメリット

デメリットとして、大きすぎて学校のロッカーに入らない事があります。
そうなると授業中は机の横にかける形になり、邪魔になる事もあるのです。
大きく作られている分、重さがある場合や他のサイズよりも高価な事が多い点も、デメリットとして挙げられるでしょう。
しかし、最近は軽量化や値段にこだわった製品も多いので、あまり気になるようなデメリットではありません。

関連記事

  1. ランドセルの返品・交換は出来るの?

  2. ランドセルの内側もポケットもチェックしましょう

  3. 12月デパートでのランドセル売場では・・・

  4. 子どもの防犯センサーをみがいて、安全な小学校生活をスタート!

  5. ランドセルが大型化してるって本当?子どもへの影響と対策は

  6. ランドセルのプチ失敗談を知って選ぶときに活用しましょう

アーカイブ