ランドセルの特徴を知ろう!~A4フラットファイルタイプ~

 

最近主流のランドセルサイズ

最近は、容量が大きく、様々な教材に対応できるA4フラットファイルサイズのランドセルが増えています。
今回は、多くのメーカーや工房が採用している、A4フラットファイルサイズの特徴を紹介します。
メリットとデメリットを見比べて、どの様なランドセルなのかをしっかり理解しておくと、より良い製品を購入する時のヒントになりますよ。
 

A4フラットファイルサイズのメリット

A4フラットファイルサイズのメリットは、他のサイズよりも積載量が多い点があげられます。
フラットファイルは、その想定サイズよりも一回り大きく作られているものです。
このファイルが入るようにできている為、その分容量が大きいのです。
大きめの教材も難なく入ってしまう為、荷物をひとまとめにする事が出来ます。
また、主流サイズなので、デザインや機能を選ぶ幅が他よりも広い点もメリットの一つです。

A4フラットファイルサイズのデメリット

デメリットとして、大きすぎて学校のロッカーに入らない事があります。
そうなると授業中は机の横にかける形になり、邪魔になる事もあるのです。
大きく作られている分、重さがある場合や他のサイズよりも高価な事が多い点も、デメリットとして挙げられるでしょう。
しかし、最近は軽量化や値段にこだわった製品も多いので、あまり気になるようなデメリットではありません。

関連記事

  1. リサイクル・リメイク・リユース 思い出のつまったランドセルを捨てずに活かす3つの方法!

  2. 通販やお店だけじゃない!ちょっと変わったランドセルの買い方

  3. きょうだいの多い家庭はランドセルのお金をどうやりくりしているの?

  4. ランドセルに詰まった6年分の思い出を語ってもらったら思わず胸キュン

  5. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  6. ランドセルが海を渡って。 その1

アーカイブ