学童に入る予定のお子さんのランドセル選びはここをチェック

​両親が共働きでどちらも正社員、という家庭も今では珍しくありませんよね。また、パートでも長時間働いている方も多くいます。
ですので、学童や児童クラブに申し込む方も多くなってきています。今回は学童に入るお子さんのランドセル選びのチェックポイントをお伝えいたしますので参考になりましたら幸いです。

反射テープや反射鋲

冬は暗くなるのが早く、学童から帰る時間で薄暗いことも。お子さん一人で暗い道を歩いて帰らせるのは不安ですよね。そういった時に反射テープや反射鋲があると、男の子がよく選ぶ黒などの暗いカラーのランドセルでも目立つので安心です。

鍵をつけるフック

ランドセルの方ベルトに取り付けて鍵をつけるものもありますが、あまり鍵を持っているということを他の人に見られたくありませんよね。ランドセルのポケットの中やなどに鍵がついていることもありますので、そういったところもチェックしておきましょう。
お気に入りのランドセルにフックがない場合は、見えないところにチェーンなどで繋いでおくと、無くす心配がありません。

お弁当箱がはいる大きさか

午前中授業のときなどは学童へ行くとお弁当が必要になります。手で持っていくと忘れたり持ち帰るのを忘れたりすることも。
ランドセルの中にお弁当も入っていると忘れる心配もありませんし、両手が空いていると安全に登下校出来ます。教科書以外にもお弁当箱も入るスペースがあるのか確認しておいてください。
いかがでしたでしょうか。防犯ブザーをつける金具はほとんどのランドセルについていますが、反射テープなどはついていないランドセルもあります。お子さんが安全に楽しく学校に通えるように、こういったところもチェックしてみてくださいね。

関連記事

  1. 後悔しないランドセル選びは重さにこだわるよりも背負い心地が大事

  2. ランドセル選びはお母さんも体感してください!

  3. クリスマスが終わったら、本格的に年末商戦を利用しましょう。

  4. 11月からの ラン活 大丈夫! 遅くないですよ!!

  5. 子どもの防犯センサーをみがいて、安全な小学校生活をスタート!

  6. ランドセルの時間割ポケット事情は?

アーカイブ