ランドセルを選ぶポイントは?(女の子版)

 
ピンク一つとっても、ビビッドピンクやパールピンク、ピーチピンクなど選択肢が多いうえに、刺繍やステッチなど種類が多い女の子のランドセル。
 
昔は赤がメインでしたが、最近は水色や紫色のランドセルも珍しくありません。
親とお子さんの意見が割れるという話もよく聞きます。
まずは地域の小学校の子どもがどのようなカラーが多いか調べてから、ランドセルを選び始めるのもいいかもしれません。
 
お子さんが使うものなので、お子さんが気に入ったランドセルが一番です。しかし、5、6歳の子に小学6年生まで使う姿を想像してランドセルを選ぶのは難しいところ。
お花やハート、お姫様のようなあまりに可愛すぎるランドセルや刺繍は高学年になってから飽きる可能性もありますので、そこを上手にお子さんに伝えながら選んでいくとよいでしょう。
いきなりたくさんのランドセルを見ても、お子さんは目移りして決めきれない可能性があります。先にお父さんやお母さんが数種類をある程度ピックアップしておいて、その中から好きなランドセルを選んでもらうのもいいですね。
 
お子さんが小柄だったり通学の距離が長くて体力もあまりないのでしたら軽い素材のランドセルもおすすめです。
軽くて丈夫なランドセルは、たくさんのメーカーから出されており、色やデザインも豊富にありますので気に行ったものも見つかるはずです。
体へフィットしていないランドセルは、実際よりも重く感じ体に負担も増えます。体にフィットしたランドセルを選んであげましょう。
 
重さ・機能・丈夫さ・デザイン。ランドセルを購入するまでに見るポイントはたくさんありますが6年間使うものなのでお気に入りのランドセルが見つけてくださいね。

関連記事

  1. ラン活シーズン到来!まずはネットとカタログから。

  2. 合同ランドセル展示会で気をつけること

  3. 学童に入る予定のお子さんのランドセル選びはここをチェック

  4. オーダーメイドランドセルでお気に入りのオリジナルランドセルを作りましょう!

  5. きょうだいの多い家庭はランドセルのお金をどうやりくりしているの?

  6. 購入済みのランドセルを4月の入学式までキレイなまま保管する方法

アーカイブ