地域でがんばる「工房系」こだわりランドセル屋さん 東北~中部編

「工房系」ランドセルをご存知でしょうか。大手メーカーが大量に生産するランドセルと違い、個人のカバン屋さんなどが、一つ一つ手作りしているランドセルのことをさします。
天然皮革を使った高級感や、こだわりの仕立てに人気があり、「萬勇鞄」「土屋鞄」「池田屋」など、夏前にランドセルが完売するメーカーもあります。全国には大小100近くのメーカーがあるともいわれています。今回は「地域に根づいたランドセル屋さん」をご紹介しましょう。お店の想いの詰まったキャッチコピーも必見です!(2018年5月現在・価格は税込)

東北地方


◆カバンのフジタ「雪国生まれ フジタの手づくりランドセル」(山形県山形市)
雪国ならではの特徴をいかし、安心・安全のためにランドセルを作っています。雪や雨に強い防水加工で仕上げていて、お子さんが雪の上にランドセルを放り投げても大丈夫!大容量で手荷物を持たなくてすみ、万が一雪道で転んでしまっても地面に両手をつくことができ、大ケガにつながらないそう。
【商品】牛皮(6万8000円~)コードバン(9万8000円)
【展示会】5/19、20(土・日)東京 その後、各地で開催
【HP】>>カバンのフジタ

関東地方

◆トヤマかばん店「本物のランドセル」(群馬県前橋市)
創業明治37年、馬具工房がルーツ。「高い耐久性」「虚飾を排す」「深みのある色」が特徴のこだわりのランドセル。背当てやステッチなどで、6600通りの組み合わせができるそう。ランドセルの見本を貸し出しています(送料はお客様負担)。
【商品】牛皮ボルサ(5万9000円~)コードバン(8万1000円)
【展示会】5/19(土)、6/9(土)東京。新潟市でも開催
【HP】>>トヤマかばん店

◆GALSON(ガルソン)「世界にひとつしかないランドセル」(埼玉県さいたま市)
ランドセルを作り続けて43年。すべてのランドセルが「オーダーメイド」です。HP 上で素材や色などを選んでシュミレーションすると、自分だけのランドセルができあがり!カタログでデザインを確認したり、素材のサンプルをチェックしたりして、オーダーします。
【商品】牛皮ボルサ(4万6500円~) 人工皮革(3万9500円~)
【販売】HPで。展示はさいたま市のみ。ランドセルのサンプルも貸出しています(返却時の送料はお客様負担)。
【HP】>>GALSON

中部地方

◆宇野カバン店「子どもたちの、相棒でありたい」(岐阜県岐阜市)
シンプルなデザインで、お子さんの身体にやさしいつくり。背当てや肩ベルトは、柔らかく身体を包み込むような設計になっています。無料説明会で、ランドセルの選び方や今どきのランドセル事情などを聞くことができます(要予約)。
【商品】牛皮(5万6000円~)コードバン(7万3000円)
【販売】予約受付中
【HP】>>宇野カバン店
**************
熱い思いでがんばっている全国の「ランドセル屋さん」。「これは!」というお店があったら、HPをのぞいたり、お店を訪ねたりしてみてはいかがでしょう。次のブログ>>「近畿〜九州編」では近畿~九州地方のランドセル屋さんをご紹介します♪

関連記事

  1. ランドセルを選ぶ時には、ふたにも注目?

  2. 小学校入学にかかるお金はいくら? 費用を準備するための3つの方法

  3. ランドセル専用サブバッグでスッキリ!

  4. ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

  5. 通販やお店だけじゃない!ちょっと変わったランドセルの買い方

  6. 6年間使ったランドセル、あなたは手元に置いておく派?きっぱり捨てる派?

アーカイブ