小柄なお子さんのランドセル選びにおすすめしたい3つのポイント

ランドセルの購入については、小柄なお子さんをお持ちのお母さんから次のような声をよく聞きます。
「うちの子はとても小柄だから、ランドセルが体の負担にならないか心配」「体に不釣り合いの大きいランドセルを買ってしまったかも」「ランドセルは、デザインやカラーはさておき、とにかく軽ければよし!」
入学したての1年生の背中には、ランドセルがやたらに大きく見えるもの。ましてやわが子が標準より小柄となれば、お母さんのご心配も当然のことです。この記事では、小柄なお子さんのランドセル選びに役立つように、3つのおすすめポイントをお伝えします。

背負い心地を最優先

小柄なお子さんの場合、どうしても「重量」や「サイズ」に目が行きがちなもの。実は、ランドセル選びの最重要ポイントは、重さでも大きさでもなく「背負い心地」なのです。
たとえ見た目が少々大きくても、体にしっかりとフィットするランドセルなら、背負ったときの負担はかなり減少します。ランドセルの背負い心地は背負ってみなければわかりませんので、お子さんといっしょに展示会や試着会、あるいは実店舗に出向いて体感してください。
【試着時に確認すべきポイント】

・ランドセルの背当てが背中にぴったりと密着していること
・背負った状態で真横から見たとき、ランドセルが垂直状態に保たれていること
・肩ベルトには、肩の形状や自然な動きに沿うような工夫が施されていること
・背当て部分が、通気性や安定性を重視した作りになっていること
・背負ったとき、おのずと背筋がスッとのびること

会場や店頭では、教科書の重量に相当する「重り」を備えているところが多いです。重りを入れた状態で、お子さんにランドセルを背負わせて「背負い心地」の検証をしてみてください。

キューブ型から選ぶ

「2018年現在ランドセルの中で人気のある型とは?」の記事では、様々なランドセルの型をご紹介しました。中でも、小柄なお子さんにおすすめしたいのが「キューブ型」です。
【キューブ型の特徴】
・コンパクトな見た目に反して大容量
・ヘリがない分だけ軽量
・人気上昇に伴い、カラーやデザインも増加中
小柄なわが子には、従来の学習院型ランドセルでは大き過ぎると感じる場合、キューブ型の中から選んであげてください。

天然皮革より人工皮革がおすすめ

ランドセルの場合、軽ければ軽いほどいいわけではありません。とは言え、やたらに重いのもやはり困りものです。特に小柄なお子さんの場合は、少しでも軽い方がいいと考えるのが親心というもの。
そこでおすすめしたいのが、クラリーノに代表される人工皮革のランドセルです。人工皮革とは、その名の通り人工的に作り出された素材のこと。天然皮革(本革)をモデルにした組成構造なので、見栄えがよくてたいへん丈夫です。人工皮革で作られたランドセルなら、小学校6年間の使用にもじゅうぶん耐えられます。
人工皮革製のランドセルは耐久性が高いだけでなく、非常に軽いのも特徴のひとつ。
ランドセルの平均的な重量は1,200g程度ですが、人工皮革製のランドセルは1,000g~1,100gのものがほとんどで軽さが際立ちます。ちなみに天然皮革製(本革)ランドセルの平均重量は1,300g以上なので、人工皮革製のランドセルがいかに軽いかおわかりいただけるでしょう。
毎日使うものだからこそ、小柄なお子さんの負担が少しでも減るようなランドセルを賢く選んであげたいものですね。

関連記事

  1. 知っておくと安心!ランドセルの壊れやすいパーツとその対策

    知っておくと安心!ランドセルの壊れやすいパーツとその対策

  2. 人気のランドセルはみんなどこで買ってる?

  3. ランドセルの選び方~背ベルトと背中部分の見方~

  4. ランドセルの返品や交換方法について知っていますか?

  5. 高級ランドセルのメリットとデメリット

  6. 大人数来場するランドセル展示会に持って行くといい3つのもの

アーカイブ