天然皮革ランドセルのお手入れ~普段のお手入れ編~

 天然皮革のランドセルは定期的なメンテナンスが必要

天然皮革のランドセルは、定期的なメンテナンスをしておかないと、固く、ひび割れを起こしてしまう事があります。
天然皮革の持ち味である高級感も、定期メンテナンスがあってこそです。
今回は、天然皮革のランドセルに行う、普段のお手入れを紹介します。

 週に1回、ブラッシングとクリームでお手入れ

週に1回、最低でも夏休み等の長期休みに入る時に、お手入れをしてあげましょう。
定期メンテナンスには、乾いた布と保革クリーム、必要な場合は革製品用の汚れ落としが必要になります。
最初に乾いた布でランドセルを拭き、汚れやほこりを落とします。
フタだけでなく、背中やベルト部分もしっかり行って下さい。
必要なら、革製品用の汚れ落としで汚れを落とします。
しっかりと汚れを落としたら、保革クリームをランドセル全体に擦り込んでいきます。
保革クリームは量が多いと革がやわらかくなってしまいますので、少しずつ取って擦り込むのがコツです。
最近は天然皮革のランドセルでも、防水加工やツヤ加工をしているタイプもあります。
加工の施しているタイプの場合、このお手入れが出来ない事もありますので、ランドセルについている説明書に従ってお手入れをするようにして下さい。

関連記事

  1. 地域でがんばる「工房系」こだわりランドセル屋さん 中部~九州編

  2. ランドセルを少しでもお得に購入するには? 1

  3. ランドセルに詰まった6年分の思い出を語ってもらったら思わず胸キュン

  4. ランドセルの返品・交換は出来るの?

  5. ランドセルが海を渡って その2

  6. 小学校入学説明会には必ず出席して本当に必要なものだけを準備しよう

アーカイブ