天然皮革ランドセルのお手入れ~水にぬれた時~

 ランドセルにとって水は劣化の原因

毎日徒歩で登校するお子さんたちが背負うランドセル。
登下校中、天気が悪い事もありますから、ランドセルが濡れてしまう事はよくある事です。
しかし、革製、特に水分に弱い天然皮革のランドセルにとって、雨等の水濡れは劣化の原因になります。
ランドセルが濡れてしまった時は、できるだけ早くお手入れしてあげる必要があるのです。

 天然皮革のランドセルは乾拭きと陰干しを

天然皮革は水分に長い間触れ続けていると、革が硬くなり、ひび割れが起きます。
耐久力の劣化につながる上、変形変色を招いてしまうのでできるだけ早いお手入れが必要です。
お手入れの方法は、水にぬれたランドセルを乾いた布で優しく拭き、陰干しするだけですから、とても簡単です。
この時、早く乾かそうとドライヤーに当てる・ストーブの前に置くと、変形や変色の原因になってしまうので避けて下さい。
早く乾かしたい場合は、乾燥剤や新聞紙を中に入れておくと効果的です。
ある程度乾いたら革用のクリームやクリーナーで拭いてあげると、劣化を防ぎ、風合いを高める事が出来ます。
また、普段からランドセルカバー等で雨等に濡れないように保護してあげるのも有効な手段です。

関連記事

  1. ランドセルの収納は鞄だけじゃない?

  2. ランドセルの背当て、見逃していませんか?

  3. もし、もう一度ランドセル選びをするなら?

  4. ランドセルのプチ失敗談を知って選ぶときに活用しましょう

  5. ランドセルの選び方~自動ロックと手動ロック~

  6. 合成皮革で作られたランドセルの特徴

アーカイブ