通販やお店だけじゃない!ちょっと変わったランドセルの買い方

先輩ママはランドセルをどこで買っているのでしょうか。ある調査では、イオンなどの量販店が4割、ネット購入が2割となっています。
実はお店やネット以外にも、ランドセルを買う方法があるのです。今回は、3人の男のお子さんを持つお母さんの、ちょっとユニークなランドセル購入体験をご紹介します。

幼稚園の前で手渡された「おっちゃん」のチラシ

今、24歳、22歳、18歳になる息子がいます。長男が小学校に入学する前、幼稚園の前で1人のおっちゃんがチラシを配っていました。私は兵庫県に住んでいますが、おっちゃんは大阪のかばん屋さんで、チラシはランドセルの広告でした。奥さんと2人で開いているお店だったと思います。何人かのお母さんを自宅に集めると、おっちゃんがランドセルを持ってきて、子どもに試着させてくれるんです。
私の家で6~7人のお母さんが集まって、試着会を開くことになりました。おっちゃんが持ってきたランドセルには、大手メーカーの商品もあって、その当時で3万円くらいでした。その他に、おっちゃんのお店のオリジナルランドセルもあり、それは1万5000円くらい。こどもたちがワイワイ試着して、うちはオリジナルのランドセルを買いました。色は黒。傘や小物をサービスでもらった記憶があります。

1回かかってくるおっちゃんからの電話

ランドセルを買ったら、毎年秋頃におっちゃんから電話がかかってきます。「ランドセルの具合はどうですか」って。金具が壊れていたり縫い目がほつれていたりしたら、道具を積んだ車で家まで来てくれて、無料で直してくれるんです。親切な対応で、次男のランドセルもおっちゃんのお店で買いました。
長男のランドセルを買ってから6年後、長男は小学校を卒業して、入れ違いに3男が入学することになりました。3つ目のランドセルを買おうかどうしようか迷って、おっちゃんに相談したんです。長男のランドセルを3男のおさがりにできないかって。おっちゃんは的確なアドバイスをくれました。長男のランドセルを4年生になる次男に使わせて、比較的新しい次男のランドセルを、3男に使わせたらいいと。

おっちゃんは次男のランドセルの金具や肩ベルトを新しく取り替えて、新品のように直してくれました。修理代は無料。こうして、3人の息子は2つのランドセルを使って元気に学校に通いました。おっちゃんからは「6年間ランドセルを使った表彰状」ももらいました。
今、あのお店はまだあるのかな。おっちゃんは元気かな。懐かしいですね。
************
3人の息子さんを持つお母さんのお話でした。みなさんのお家の近くにかばん屋さんはありませんか?もしかしたらランドセルを扱っているかもしれませんね。ちょっとのぞいてみてはいかがでしょう。

関連記事

  1. ランドセルを購入したら? 小物も忘れずにチェックしましょう

  2. ランドセルは雨に濡れたらお手入れが必要?レインカバーの選び方は?

  3. ランドセル購入のベストなタイミングは? 鍵は販売スケジュールにアリ

  4. ラン活ラストスパート!素材を知ってランドセルを絞り込む方法

  5. 2018年度ランドセル人気ランキング&2019年度の売れ筋予測!

  6. ランドセルの装着グッズ 防犯ブザーの選び方とその効果

アーカイブ