ランドセルは高ければ良いとは限りません!アウトレットを賢く利用

ランドセルの価格は、年々高くなって来ています。直近のランドセル相場はおよそ5万円。一般の家庭では、決して安い買い物とはいえないはずです。
6年間毎日使うものだから、高いのは当然だとか、高いものほどよい商品だという親の思い込みが価格高騰を増長しているのかも知れません。子どもにとって大切な必需品だからこそ、適正な価格で購入するべきではないでしょうか。

 アウトレットランドセルという選択肢

たとえば、「アウトレット」のランドセルを選ぶのも選択肢のひとつです。
アウトレットと聞くと、売れ残りや傷もの品をイメージする方も多いでしょう。確かに、難のある粗悪品をアウトレットと称して販売しているケースも少なからずあるので、じゅうぶん注意は必要です。でも、大事なポイントさえしっかりチェックすれば、「安かろう、悪かろう」のハズレ品を買ってしまう心配もありません。

 アウトレット品のチェックポイント

・1万円を切る激安ランドセルは避ける。
・最新モデルと遜色ない機能が備わっているか。
・6年間保証がついているかどうか。
・購入前に質問や問い合わせができるか。
・通販の場合は試しに背負ってみることができないので、万が一の返品が可能かどうか。
以上をチェックして、その上で特に問題がなく、色やデザインが気に入っているならば、アウトレットランドセルを賢く利用するのは大いにありではないでしょうか。
 

 

 アウトレットランドセルのメリット

上手に探せば、相場価格や当初販売価格の半額以下で手に入ることもあるアウトレット。親としては、大切なお子さんの小学校入学祝いなのに「アウトレットってどうなの!?」と思うかも知れませんが、アウトレットを利用するメリットがほかにもあるとしたらどうでしょうか。
ランドセル購入にあてていた元々の予算より、何万円も安く購入できるアウトレットランドセル。小学校入学にあたり必要不可欠なランドセルが格安で買えて、それでいて商品には全く問題がないわけです。メリットこそあれ、デメリットは何もありません。
浮いた差額でお子さんのほしいものを何か買ってあげたり、家族でお祝いの外食や旅行に行ったりと、プラスアルファの楽しみをぜひ手に入れてください。
 

関連記事

  1. 迷ってるアナタへ。流石にそろそろランドセルを買いましょう!

  2. 祖父母とランドセル選び、その2

  3. ランドセルの発売日をチェックしていますか?

  4. ランドセルはA4フラットファイル対応サイズを選んだ方がいい理由

  5. ​祖父母と一緒にランドセルを選ぶ前に決めておくとよいこと

  6. ラン活ラストスパート!素材を知ってランドセルを絞り込む方法

アーカイブ