ランドセルの時間割ポケット事情は?

小学校に入って、一年生の科目は国語・算数・生活・音楽・図画工作・体育・道徳・特活を習います。3年生になると「総合学習の時間」が、
5年生になると「外国語活動の授業」が入ってきます。
一般的に小学1年生の授業コマ数は、4時限~5時限で、
大体2時から3時までには下校できます。授業時間は45分です。
今と昔で大きく違っている点は理科と社会が生活科になったことが挙げられますが、もう一つが大きな違いがあります。
「時間割が固定されない」ということです。
昔は月曜日の1限目が国語で、2限目が算数で・・・と時間割が固定でした。
ところが今では学習指導要領の都合上、時間割が週ごと、隔週ごとに変わる学校が増えているそうです。

では、カブセ裏の時間割ポケットは使われているの?

 
多くのランドセル製品ではカブセ(ふた)の裏側に時間割ポケットが付いていますが、あまり使われていないということで、ランドセルポケットを付けていないメーカーもあります。
小学生の場合は連絡帳に翌日の時間割・宿題・持ち物等を書き込むことが多いので連絡帳を見ながら持ち物チェックをするようになりました。
連絡帳の使い方は地域・学校によって違います。
時間割や持ち物リストを毎週「プリント」で配るところもあります。
ランドセルに時間割ポケットが付いているなら、こんな使い方はどうでしょう?
・忘れ物チェックリストを入れる
・ひらがな、カタカナ、漢字の表を入れる(1年生)
・九九のかけ算表を入れる(2年生)

時間割ポケットはメッシュがお薦め!

以前は、ランドセルの時間割入れはビニール製のものが主流でした。中には長期間時間割表を入れていると、紙がビニールにくっついたり、インクがビニールに写って汚れたりしました。
また、ビニールが破れたり、劣化したりするケースもあり、今はメッシュタイプが主流です。
こんな風にランドセルのパーツもどんどん進化しています。

関連記事

  1. 天然皮革ランドセルのお手入れ~普段のお手入れ編~

  2. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  3. 小学校入学説明会には必ず出席して本当に必要なものだけを準備しよう

  4. ランドセルを少しでもお得に購入するには? 1

  5. 親も子も満足できる人気ランドセルの上手な選び方は意外に簡単!

  6. ランドセル選びはお母さんも体感してください!

アーカイブ