意外と知らない、ランドセルの素材の話

 

ランドセルの強度や軽さは、素材で変わる

ランドセルの機能やデザインは注目さえる事が多い項目な為、ネットでも検索される事の多い要素です。
しかし、本当に良いランドセルを選びたければ、機能やデザインだけに目を向けていてはいけません。
ランドセルの素材も、しっかりとチェックする必要があるのです。

天然と合皮?

ランドセルの素材を大きく分けると、2つの素材に分ける事が出来ます。
一つは牛や馬の皮から作られた天然皮革
もう一つは、樹皮等を加工して作られた、合成皮革です。
2つともそれぞれメリットとデメリットがある他、一口に天然・合皮と言ってもその中でも種類があるのでそれによっても特徴が違います。
物によってはメンテナンスが大変な物や、製造数が少ない為に壊れた時の修理に時間がかかる物もあるのです。
また、同じ素材でも製品の作りが悪ければ、他のランドセルよりも壊れやすい可能性もあります。
質の悪いランドセルだと6年間持つことはまずありません。
大体、その半分である3年程度で使えなくなってしまいます。
本来6年間使う事を前提として作られているはずなのに、これでは意味がありません。
ランドセルを購入する時、特に丈夫さに気を配って購入したい時は、製品の素材とその素材を活かせる作りになっているかを、注意深くチェックして下さい。

関連記事

  1. ランドセルが大型化してるって本当?子どもへの影響と対策は

  2. クラリーノランドセルの特徴

  3. ランドセル購入のベストなタイミングは? 鍵は販売スケジュールにアリ

  4. ランドセルを選ぶポイントは?(男の子版)

  5. ランドセルの収納量って、違いはあるの?

  6. ランドセルに使用されるクラリーノの種類

アーカイブ