祖父母とランドセル選び、その1

夏休みの帰省される際に、おじいさん・おばあさんと一緒にランドセル選びをするというご家族も多いのではないでしょうか。
ランドセルの購入時期は7~8月が45%ともっとも多く、特に祖父母と会う機会が増えるお盆にかけてがピークとなっています。

ランドセルメーカーが2017年4月に小学校に入学する子どもを持つ家庭を対象に「最新ランドセル選びに関する調査」を発表しました。

購入したランドセルの価格帯は50,000~59,999円が27%、60,000~69,999円が21%という結果で、50,000円~69,999円の価格帯での購入が48%と約半数を占めています。ランドセル価格の相場といえるでしょう。

購入者については、1位が母方の親で39%、2位が父方の親で32%と、合わせて71%が祖父母となっています。
祖父母からのプレゼントが今も昔も多いようです。

ランドセルの購入場所は、総合スーパーが40%と多くなっており、日常的に足を運びやすく、さまざまなメーカーのランドセルを背負い比べできる場所として人気があるようです。
そのほかオンラインショップが19%、専門店が14%、ランドセルメーカーの直営店10%、百貨店8%、ランドセル選びの場所が多様化しています。

ランドセルの皮の素材で最も多く選ばれたのはクラリーノなどの人工皮革で約8割。本革は「牛革」18%、「コードバン」3%と少数派で、軽さや雨・キズに強く手入れがしやすいといった機能性や豊富なカラーに出来るという点で人工皮革が支持を集めています。

色については、男の子は、1位「黒系」が75%と2位以下に大きく差をつけているのに対し。女の子は、1位「ピンク系」31%、2位「茶系」21%、3位「紫系」19%という結果になりました。かつてトップだった「赤系」13%は4位となり、好きなカラーを自由に選んでいる傾向が見られます。

おじいさん・おばあさんがランドセルを購入することになった、いきさつについてのアンケート結果もあります。

1番多かったのは「祖父母から提案された」(74%)でした。小学校入学を控えるお子さまがいる場合は、おじいさま・おばあさまから早めに提案を受けるという場合が1番多いようです。
続いては「自然な流れ」(16%)。幼稚園や保育園入園の際から、おじいさま・おばあさまがいろいろ購入してくれていて、自然な流れでランドセルも購入してもらったというご意見でした。

逆に、お父さま・お母さまから、おじいさま・おばあさまにランドセルの購入をお願い(8%)したり、おじいさま・おばあさまからサプライズでランドセルを購入(2%)してもらったというのは、少数意見でした。

購入を提案された、おじいさん・おばあさんは、この夏休みにランドセルを買うことを楽しみにされていることでしょう。

3世代でのランドセル購入というイベントを楽しんでくださいね。

関連記事

  1. ランドセルはA4フラットファイル対応サイズを選んだ方がいい理由

  2. 男の子用ランドセル購入体験談に学ぶスムーズにランドセルを選ぶコツ

  3. ランドセルの収納量って、違いはあるの?

  4. クリスマスが終わったら、本格的に年末商戦を利用しましょう。

  5. カウレザーランドセルの特徴

  6. ​転勤族のお子さんのランドセル選びって?

アーカイブ