祖父母とランドセル選び、その2

前回、夏休みの帰省の際に、三世代でランドセルを買うご家族が多いと書きました。

失敗というほどではないにせよ「意見の食い違い」を感じる方が多いです。
おじいさん・おばあさんが子育てをしていた時とは、購入時期も変わっていますし、以前のように「男の子は黒、女の子は赤」と決まっているわけではなく色もデザインもバリエーション豊富になっているので、仕方がありません。
事前に、きちんとしたすり合わせが必要です。

また父方の祖父母、母方の祖父母、どちらが購入するか?

片方の祖父母が早く買ってしまったので、もう片方の祖父母の出番がなくなってしまい、嫌な思いをさせたケースは特に多いです。
事後報告になるとトラブルの要因になってしまうので、早めに相談しておくのがいいですね。

例えば、「ランドセルの購入は父方の祖父母、勉強机の購入は母方の祖父母」とバランスをとったり、
「第一子のランドセルは父方の祖父母、第二子のランドセルは母方の祖父母」というように事前に決めているご家族もおられました。

コミュニケーション不足にならないように、早めに意向をお知らせしておきましょうね。

おじいさま・おばあさまとランドセルを購入する際の注意点についてまとめてみました。

1,現在のランドセル選びの傾向について知ってもらいましょう
赤や黒だけでなく豊富なカラーがそろっていることと、男の子の色、女の子の色という概念がなくなっていること。
ランドセルの金額についても、相場感を伝えておきましょう。
ランドセルのサイズもA4フラットファイルとA4クリアファイルサイズがあることも伝えておいた方がいいかもしれません。

2,お子さんの意見をある程度まとめてから、ランドセルを見に行きましょう
ランドセル売り場で意見が食い違ってしまわないよう、おじいさま・おばあさまにお子さまの希望を伝えておく方がベターです。
また、具体的にほしいランドセルが決まっている場合もおじいさま・おばあさまに伝えておきましょう。

3,おじいさま・おばあさまへ感謝の気持ちを伝え続けましょう。
遠方におられるので、ランドセル購入のお金を出してくださる場合もあるでしょう。
お子さまのランドセル姿の写真をお送って感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
一年後 二年後と ランドセル姿を送ると成長の過程が見えて喜ばれることでしょう。

最近のラン活事情やお子さまの好みを事前に伝えて相談することが大切です。
しっかりと相談をしたうえで、ご家族全員が楽しめるランドセル選びをしてください!

関連記事

  1. ​祖父母と一緒にランドセルを選ぶ前に決めておくとよいこと

  2. 半かぶせタイプランドセルの特徴を紹介!

  3. ランドセルに詰まった6年分の思い出を語ってもらったら思わず胸キュン

  4. ランドセル展示会で聞いた現場の声をQ&Aスタイルでお届けします

  5. ランドセルを選ぶときは荷物を入れて背負ってみること!

  6. ランドセル基本のき 展示会・ショールーム・直営店の違いと特徴は?

アーカイブ