女子のランドセルのカラーは豊富!でもまず、学区内の傾向をチェックしてから!

カタログを取り寄せて、娘と一緒に眺めて、「うわ~っ、可愛いぃ~」
「ピンクもいいけど、ブラウンもシックでいいわぁ」
「ラベンダーも捨てがたい」・・などとお母さんの方がはしゃいだりして・・。
でも ちょっと待ってください。
ここでも、まず先に学区内で、子どもたちの登下校をチェックしてください。

意外に男の子は黒、女の子は赤というオーソドックスな色の傾向の地域があるのです。
別に好みの色のランドセルでいいとは思いますが、お子さん自身が入学してから「やっぱり皆と同じ赤がいい」と言うかもしれません。
日本人の特性として、横並びを好むので、先にお子さんと話し合う方がいいですね。
ウチの学区の小学校はほとんどの子が赤かピンク。学年に2人ぐらい水色でした。
そうかと思うと色だけでなく、デザインもスタイリッシュなランドセルにしても浮いてしまわない地域もあります。

どのようなランドセルにするか決める前に、学区の傾向をチェックして、それから選びましょう。
ちなみに昨年の女の子用ランドセルの人気順位です。
基本カラーのランキング

  • 1位:アカ系 / 50%
  • 2位:ピンク系 / 20%
  • 3位:ワイン系 / 10%
  • 4位:ブラウン系 / 8%
  • 5位:サックス系 / 7%
  • 6位:ラベンダー系 / 5%

女の子に人気のコンビカラー

  • 1位:ブラウン系×ピンク
  • 2位:ブラウン系×サックス
  • 3位:ブラウン系×ラベンダー

女の子に人気の色は基本カラーであれば断トツでアカ系のようです。コンビカラーではブラウンと合わせることが多いようです。
年長の頃はまだまだ幼く、可愛らしい花の刺繍が入ったものや、キャラクター入りのランドセルを選んでしまいがちですが、小学校の高学年にもなると、持っていくのが恥ずかしくなってしまう場合があります。
基本的には お子さんの意思を尊重して、選ばせてあげればいいと思いますが、あまりに選択肢が多いと迷ってしまいます。
予め お母さんが選抜しておいて、その中から好きなランドセルを選ばせればいいかもしれないですね。

関連記事

  1. 意外と知らない、ランドセルの素材の話

  2. ランドセルのプチ失敗談を知って選ぶときに活用しましょう

  3. オーダーメイドランドセルでお気に入りのオリジナルランドセルを作りましょう!

  4. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  5. 12月デパートでのランドセル売場では・・・

  6. ランドセルを選ぶポイントは?(男の子版)

アーカイブ