購入済みのランドセルを4月の入学式までキレイなまま保管する方法

最近のランドセル事情は、購入時期がかなり早い傾向にあります。そのため、買ってから実際に使用するまでの期間が、数ヶ月から半年以上も空いてしまうケースが少なくありません。
保管する場所や方法を間違えたばかりに、せっかくの新品ランドセルに傷やカビが生じるハメになったら大変!そこでこの記事では、ランドセルの正しい保管についてお伝えします。

高温多湿や直射日光は厳禁

ランドセルは、できるだけ購入時の箱に入れて保管してください。ただし、箱に入れておくだけで安心かといえば、そうとも限りません。
重要なのは、ランドセルを入れた箱をどこに置くかということ。下記のような場所に置くのは、絶対に避けてください。
・日差しの強い窓際
・結露のひどい窓下
・加湿器のそば
・暖房器具のそば
高温多湿と直射日光は、革製品の劣化を早めてしまうことを覚えておきましょう。

箱の出し入れに注意

購入したランドセルは、入学式の日まで一度も箱から出さないというお宅はないはずです。
まずは、商品確認のために取り出すでしょうし、ランドセルを背負ったお子さんの撮影で取り出す場合も考えられます。あるいは「ランドセル見せて!」と、お子さんに何度もせがまれるケースもあるかも知れません。いずれの場合も、ランドセルの出し入れにはじゅうぶんな注意が必要です。
ランドセルの収納箱は厚口の化粧ダンボールで出来ているものが多いので、角や縁の部分でランドセルを傷つける恐れがあります。くれぐれもお子さん任せにしないで、お母さん自身がていねいに出し入れしてください。型崩れを防ぐためには、肩ベルトを本体から外して箱に戻せばカンペキです。

小さい弟や妹にも要注意

新入学を迎えるお子さんに、弟や妹がいる場合も注意が必要です。
小さいお子さんは好奇心が旺盛なもの。初めて見るランドセルに興味津々で触りたがります。中には、ランドセルに落書きをしたり、ひっかき傷をつけたりするツワモノもいるかも知れません。箱に入れてあるから大丈夫だと思っていても、箱の上から乗られてしまえば型崩れにつながります。
イタズラされてから怒るより、最初から小さいお子さんの手が届かない場所に保管することが肝心です。
正しい保管を意識して、キレイなままのランドセルで入学式を迎えましょう。

関連記事

  1. ご自身の地域で人気のランドセルカラーを知っていますか?

  2. ランドセルは誰が購入? カラーの擦り合わせなども話し合うなら年末年始がオススメです

  3. 男の子に人気なランドセル、オススメなランドセルって?

  4. ランドセルのプチ失敗談を知って選ぶときに活用しましょう

  5. 年中ママはランドセル購入を焦らないで!すぐできる簡単ラン活を紹介

  6. 型落ちランドセルをさらにお得にネット購入するチェックポイント4つ

アーカイブ