ラン活シーズン到来!まずはネットとカタログから。

2019年入学の準備、ラン活がスタートしています。
「あぁ~ そろそろウチもラン活かぁ~」と溜め息をつくのではなく、
ラン活って、ルンルンランラン♪
楽しんで、じっくり選びましょう。
ゴールデンウィークが終わり、空いた時間にネットサーフィン。
ランドセルの情報をチラチラ読みながら、どんなランドセルメーカーがあるかチェックしましょう。
ちょっと気になるランドセルメーカーにカタログ請求しましょう。

カタログが届いて、チェックするポイントは
・デザイン
・大きさ
・重さ
・販売時期
・人気度
・お子さんの反応
最後のお子さんの反応は大事です。
普段、洋服選びなどでピンクが好きな女の子さんが「キャメル」とか「パープル」と言ったり、男の子さんが「赤」と言って驚かされたり。
いずれにせよ、子供は色とデザインにしか目がいきませんし、言うことが毎回変わったりします。
お母さんは機能面も考慮しながら、お子さんを上手く誘導していかなければなりません。(笑)
カタログの中で気になったランドセルには付箋をペタリと貼っておきましょう。
まずは 価格帯とどんなランドセルがあるのかを知るだけで十分です。


カタログの中にランドセルが出来るまでの工程が書かれている記事がありました。
生地の検査、生地を各パーツの抜き型で裁断、生地の厚みや刺繍などの加工、ナスカンなど金属部品の作成、部品の縫製、部品の貼り合わせ、本体の縫製、製品検査・・。
ランドセルって、学童用の背負かばん。それにしたら高いなぁと思っていたのですが、10工程ほどの作業の説明を読んでみると納得です。
6年間も使うのですから、むしろ安いと思いました。
また各メーカーの、展示会&試着会のお知らせが入っています。
ほかにも、メーカーの試着会だけでなく合同展示会もあります。
どちらも予約が必要なので、HPから申し込みを忘れないようにしてくださいね。
次回は 展示会&試着会の情報です。

関連記事

  1. 年中ママはランドセル購入を焦らないで!すぐできる簡単ラン活を紹介

  2. 通販やお店だけじゃない!ちょっと変わったランドセルの買い方

  3. 刺繍入りランドセルには落とし穴がある?

  4. ランドセルの収納は鞄だけじゃない?

  5. 失敗しないランドセル選び 機能を簡単にチェックできるポイント6つ

  6. 合成皮革で作られたランドセルの特徴

アーカイブ