ラン活ブームに振り回されないランドセル購入の正しいあり方を知ろう

年々時期が早まっているランドセル商戦。SNSから生まれた「ラン活」という言葉も、ママたちの間ではすでに定着してきた感がありますね。
工房系人気ランドセルの予約受付電話が回線パンクしたり、予約サイトのサーバーがダウンしたりといった騒ぎが、2017年の今年も起こりました。この異常なまでのブームは、果たして本当に乗るべきか否か。そのあたりについて、改めて考えてみましょう。

希少モデルがほしいのは誰?

そもそも加熱するラン活の対象になるのは、限定数しか製造ができない工房系の人気モデルだけです。「○個限定」とか「希少色は現品限り!」などと言われると、どうしても手に入れたくなるのは、日本人特有の気質かも知れませんね。
実際にランドセルを使うお子さん本人が「○○鞄の▲▲モデルじゃなきゃいやだ!」とピンポイントで指定することは、ないに等しいのではないでしょうか?おそらくご両親(特にお母さん)の価値観を主にして、購入したいランドセルを選んでいるケースがほとんどのはず。
高級な素材を使った希少なモデルのランドセルでも、乱暴に扱えば傷もつくでしょうし、場合によっては故障だってするかも知れません。「特別な限定モデルなんだから、絶対に傷つけちゃダメよ!」なんて常に神経質に注意しているようでは、お子さんが伸び伸び小学校生活を送れなくなってしまいます。
今や、入学前年の春からスタートすると言われるラン活。でも、そのブームに乗る必要が本当にあるのでしょうか。
ランドセルを使うのは、お子さん自身です。躍起になって手に入れようとしている高級な限定ランドセルが、親の価値観や所有欲を満たすためのものではないかを今一度、冷静になって考えてみて下さい。

 

入学準備品はランドセルだけじゃない

ラン活の異常なブームの影響で、ついついランドセルだけに目が行きがちの入学準備。でもよく考えると、ランドセル以外にも、購入したり用意したりしないといけないものはたくさんあるはずです。
ランドセル選びに気を取られていたせいで、他のものの準備をウッカリしていて、入学直前に慌ててしまった!なんてことのないよう、余裕を持って用意してあげましょう。入学準備に必要な主なものについては、下記のページを参考にしてください。
◇◇もうすぐ1年生。小学校の入学準備◇◇

関連記事

  1. ランドセルに使用されるクラリーノの種類

  2. ランドセル購入の大幅値下げが3月、狙い目です!

  3. ランドセルを選ぶときは荷物を入れて背負ってみること!

  4. ランドセルを少しでもお得に購入するには? 2

  5. 小柄なお子さんのランドセル選びにおすすめしたい3つのポイント

  6. 今どきのランドセルは男女別人気カラーをチェックしてから上手に選ぶ

アーカイブ