ランドセルメーカーは100以上!種類と特徴を覚えておくと便利

ランドセルのメーカーはどのくらいあるかご存知でしょうか。大手メーカーや量販店のブランド、地場の小規模なかばん屋さんなど、大小100近くあると言われています。
そうしたメーカーは、生産規模や作り方などによって、大きく以下の5つに分けられます。それぞれの特徴を知って、ランドセル選びの参考にしていただければと思います。
・大手専門メーカー(「天使のはね」「フィットちゃん」など)
・百貨店ブランド(「三越伊勢丹」「阪急百貨店」など)
・量販店ブランド(「イオン」「ニトリ」など)
・工房系メーカー(「中村鞄製作所」「池田屋ランドセル」など)
・お手頃価格のブランド(「澤田屋ランドセル」など)

大手専門メーカー

テレビCMなどでもおなじみのブランド。機能やデザインは一定の水準を保ち、豊富なモデルをそろえています。ある程度の生産数が確保されているので、限定品以外は、年間を通して購入できます。こだわり派には、オーダーメイドモデルもあります。
【価格】4万~7万円台が主流
【購入方法】メーカーのHPやショールーム、百貨店、展示会などで

百貨店ブランド

スポーツブランドとコラボしたモデルなど、百貨店限定のランドセルを販売しています。一年中店舗で購入できるのが特徴。多くの場合、専門メーカーに委託して製造しています。
【価格】5万~8万円台が中心
【購入方法】百貨店やHPなど

量販店ブランド

カラーやデザインのバリエーションが豊富で、2万~6万円台と幅広い価格帯から選べます。通常、専門メーカーに製造を委託しています。近くの店舗で気軽に試着でき、お店の特売日に購入すると、ポイントがついたり、セールの対象になったりする場合があります。
【価格】3~6万円台が中心。10万円以上する高級モデルもあります
【購入方法】各店舗、またはメーカーのHPから

工房系メーカー

自社の工房で職人さんが手づくりしているランドセル。機能やデザイン、素材にこだわった高級感あるモデルが人気です。生産数が少ないため、5~6月の発売と同時に、売り切れてしまうメーカーもあります。コードバン(牛革)などの高級品は10万円以上するモデルも。本革が主流ですが、メーカーによっては人工皮革のランドセルも製造しています。
【価格】5万~8万円が中心
【購入方法】自社の店舗やHP、全国の展示会など。公式サイト上でのみ販売するメーカーもあります

お手頃価格のメーカー

3万円台かそれ以下の価格で提供されているブランド。メーカーによっては店舗や広告などの費用を押さえて、良質なランドセルを手頃な値段で提供しています。
一方で、粗雑な作りであったり、6年間の修理保証がなかったりするランドセルもあります。購入時には、品質やサービスをしっかりチェックすることが必要です。
【価格】3万円台のモデルが中心。中には1万円以下のものもあります
【購入方法】主にメーカーのHPかAmazonなどのWebで販売

ランドセルのメーカーの特徴をご紹介しました。「価格は高めでもこだわり重視」派は、「大手メーカー」「百貨店」「工房系」がおすすめです。「お値段手頃で機能もしっかり」派は、「量販店」「お手頃価格のブランド」から攻めていってはいかがでしょう。
ところで、ランドセルはついついデザインやカラーに目がいきがちですが、「機能」も大事です。機能のチェックポイントは、>>こちらのブログも参考にしてくださいね。お子さまにぴったりのランドセルがみつかりますように。

関連記事

  1. ランドセルの装着グッズ 防犯ブザーの選び方とその効果

  2. きょうだいの多い家庭はランドセルのお金をどうやりくりしているの?

  3. キャラクターのランドセルに不安はありませんか?

  4. 親も子も満足できる人気ランドセルの上手な選び方は意外に簡単!

  5. 通販やお店だけじゃない!ちょっと変わったランドセルの買い方

  6. ところで、今の子どもたちはランドセルを6年間使うのでしょうか?

アーカイブ