こどもでも肩こり?!小学生に肩こりが急増

元気いっぱいのはずの子どもの肩がこっているなんて、すぐには信じられないかもしれませんが、大人と同じように子どもでも肩がこります。
肩こりは、肩やその周辺の筋肉がこわばり、血行が滞ることから起こります。つまり、勉強や楽器の演奏などで同じ姿勢を続けたり、薄着で冷えたりすると、血めぐりが悪くなるので、子どもが肩こりになっても不思議ではないのです。また、大人と同様、運動不足による筋力の不足やストレスなども、肩こりを招く原因です。最近の子供は外遊びが少なくなったからでしょうか?
子どもの肩こりを語る上で欠かせないのが、テレビゲームやスマートフォンです。調査によると、小学校5~6年生の44.6%が1日に1時間以上テレビゲームやパソコンで遊んでいます(*1)。また、小学校4~6年生の携帯電話やスマートフォンの利用率は、中学生や高校生に比べてここ数年間で大きく伸びています(*2)。

テレビゲームやスマートフォンで遊ぶとき、きちんと背筋を伸ばし正面を向いているというお子さんは少ないのではないでしょうか。横座りしたり、前かがみになったりといった姿勢は、肩や背筋の筋肉に負担をかけます。特にスマートフォンや携帯電話の画面はブルーライトを発するため、目の疲れから肩こりが発生していることも考えられます。
覚えておきたいのが、お子さんが肩のこりを上手に表現できず、「肩が痛い」と訴えている可能性です。学校での出来事や痛みの程度をよく聞き、肩こりの場合は肩や背中への負荷を減らす姿勢や生活習慣を身につけてください。体育の授業やスポーツで打撲していたなど、けがが疑われる場合は病院へ行きましょう。
*1出展 :厚生労働省「全国家庭児童調査結果の概要」(平成21年度)
*2出展:内閣府「子供・若者白書」(平成27年版)
次回は 肩こり予防のセルフケアをお伝えします。
 
 

関連記事

  1. ランドセルを選ぶポイントは?(男の子版)

  2. 年末年始、おじいさんとおばあさんからランドセルのプレゼントが多いです。

  3. 6年間使ったランドセル、あなたは手元に置いておく派?きっぱり捨てる派?

  4. ランドセルが海を渡って その2

  5. ランドセル売り場の特徴とネット販売の注意点

  6. ランドセルを選ぶときは荷物を入れて背負ってみること!

アーカイブ