ランドセル基本のき 展示会・ショールーム・直営店の違いと特徴は?

ランドセルメーカーのHPを見ると、「展示会」「ショールーム」などのスケジュールが載っています。そもそも、展示会やショールーム、直営店って何?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、それぞれの特徴や、参加する時に気をつけたい点についてお伝えします。

ショールーム:メーカーの常設店

「天使のはね」や「フィットちゃん」「ふわりぃ」などの大手メーカーや、工房系と呼ばれる手づくりメーカーは、常設の店舗を持つところがあります。お店では、直接ランドセルを試着でき、疑問点を専門のスタッフに聞くことができます。メーカーによって、「直営店」「実店舗」などと呼ぶ場合があります。
このほかデパートや量販店で、一部メーカーのランドセルを年間を通して展示販売しています。「取り扱い店」などと呼ばれ、近くのお店なら気軽に足を運べます。

展示会:メーカーが各地で開く試着会

「ランドセルを直接見たいけれど、お店が遠くて行けない」という方のために、メーカーが全国に出向き、展示会を開いています。「合同展示会」と「単独展示会」があります。一般に、展示会は4~9月ごろ行われますが、特に6~8月に集中しています。

合同展示会

20社近くのメーカーが出展する合同展示会が、年に数回あります。2018年は5~7月に行われました。スケジュールは、メーカーのHPやカタログで確認しましょう。予約が必要な場合もあるので要注意。また試着のみで、注文はできない展示会もあります。
合同展示会は、いろいろなメーカーのランドセルを比べることができます。ただ、会場が大きく来場者も多いので、あらかじめ対象を絞り込むなどの工夫が必要です。

単独展示会

メーカーが独自に開く展示会です。お目当てのランドセルが決まっているなら、単独展示会がおすすめです。スタッフにじっくり話を聞いて、ゆっくり試着ができます。人気の工房系ランドセルは、6月に完売する場合があり、予定されていた展示会がキャンセルされることがあります。

「ショールーム」「直営店」「展示会」では値段が違う?


基本的には、同じランドセルの場合、どの店舗や展示会でも値段は同じようです。ただ、会場によっては、写真撮影ができる、付属品が無料で提供される、などの特典がつく場合があります。量販店の場合、サービスデーに購入すると値引きの対象になる場合もあります。興味のある方は、それぞれの店舗で調べてみてくださいね。
ここ数年、ランドセルを購入するご家庭は、6月~9月が最も多くなっています。生産数が少ないモデルは、夏までに売り切れる可能性があります。2018年も、6月の時点で完売したブランドがありました。一方で、赤や黒といったオーソドックスなデザインは、どのメーカーでも年度末まで売り切れることは、ほぼありません。
そろそろランドセルを選ぼうかな、というご家庭は、夏休みを利用して、お子さまと展示会やショールームに足を運んでみてはいかがでしょうか。
今年人気のランドセルについては、>>こちらの記事も参考にしてくださいね!

関連記事

  1. 12月デパートでのランドセル売場では・・・

  2. 年末年始、おじいさんとおばあさんからランドセルのプレゼントが多いです。

  3. ランドセルは祖父母からの入学祝いが多いそうです。でも今と昔は違いますから気をつけなくちゃ!

  4. 双子の兄弟姉妹のランドセルの選び方

  5. 背カンって知ってる?ランドセルの背負い心地を左右する重要なパーツ

  6. ランドセルのプチ失敗談を知って選ぶときに活用しましょう

アーカイブ