合成皮革で作られたランドセルの特徴

 合成皮革と人工皮革の違い

人工的に作られたランドセルを分類すると、2つの種類に分類できます。
一つは今まで紹介してきた人工皮革のランドセルです。
もう一つは、合成皮革という素材から作られたランドセルになります。
人工皮革と合成皮革は、両方とも工場で作られた人工的な革素材です。
パッと見ただけでは違いが分かりにくく、どうして区別されているのか分かりにくい素材でもあります。
分かりにくい人工皮革と合成皮革の違いは、中に使われている素材にあります。
人工皮革は樹脂を吹きかける基材に、不織布を使用しています。
構造が天然皮革に近い構造になっており、天然皮革と同じ様な加工をする事が出来ます。
合成皮革は基材に不織布ではなく、編物や織物を使用しています。
編物や織物にポリウレタン等の樹脂を厚く塗布、または貼り付けて作られます。
合成皮革は構造的に、厚みや伸縮性、硬さ等を自由に作る事が出来る上、天然皮革よりも安価に作る事が出来るので、様々な製品に活用されています。
もちろん、ランドセルもその一つです。
合成皮革で作られたランドセルは、カラーバリエーションやデザインがたくさんあり、耐水性軽さに優れた製品が多いです。
また、安価に作る事が出来る為、他のランドセルよりも値段が安く、大量に生産されるので入手しやすいという特徴もあります。

関連記事

  1. 後悔しないランドセル選びは重さにこだわるよりも背負い心地が大事

  2. 子どもの防犯センサーをみがいて、安全な小学校生活をスタート!

  3. 学童に入る予定のお子さんのランドセル選びはここをチェック

  4. 双子の兄弟姉妹のランドセルの選び方

  5. 地域でがんばる「工房系」こだわりランドセル屋さん 中部~九州編

  6. これからラン活をはじめるかた、まずはランドセル展示会へ行ってみましょう

アーカイブ